スポンサーリンク

乃木坂46と吉本坂46は共演NG?芸人とアイドルは混ざり合うのか

スポンサーリンク

2018年2月21日、始動することが突如発表された吉本坂46

乃木坂46、欅坂46に続く坂道シリーズの第3弾として秋元康氏が吉本興業とコラボする形で発足しました。

この話を聞いた瞬間、愕然とした…というのが正直なところです。まさか、乃木坂46、欅坂46に続く坂道シリーズがよしもと所属タレントから結成されるとは…。

しかも、乃木坂46や欅坂46とライブなどで共演する可能性もあるとか、唖然としましたね。芸人さんとアイドルが混ざり合うって…。

これから吉本坂46が具体的に乃木坂46とどう共演するかはわかりませんが、この記事では吉本坂46始動と乃木坂46との共演の可能性についてのファンのコメント等をまとめていきますね。

出典:https://natalie.mu/music/news/270426

スポンサーリンク

芸人や俳優などよしもと所属タレントがアイドルを目指す吉本坂46

秋元康氏(59)と吉本興業によるプロジェクト「吉本坂46」が始動することが21日、わかった。秋元氏が本気でプロデュースする同グループでは、コント感、ゆるいバラエティー感は一切不要のアイドルユニットになる予定で、乃木坂46、欅坂46に続く”坂道シリーズ”第3弾として位置づけ。1991年から99年まで活動していた吉本印天然素材では、雨上がり決死隊、FUJIWARA、ナインティナインといった売れっ子芸人たちがアイドル的な人気を獲得し、その後のブレイクへとつながっていったが、今回は秋元氏のプロデュースにより、また違ったグループが結成されることとなりそうだ。

応募資格は、芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャンらよしもと所属タレント6000人が対象。芸歴・男女不問で、よしもと所属であれば誰でも応募ができ、ユニットの芸人でも個人としてエントリーする。応募の締め切り予定は3月上旬で、そこから社内選考、秋元氏による最終審査を経て、年内にはメンバーが決定する予定。NMB48のメンバーは対象外で、過去に同グループに所属していたタレントからの応募があった場合の対応は、今後協議するとしている。デビュー後は乃木坂、欅坂とのコラボやライブでの共演も行われる見通しだ。

吉本坂46はお笑い要素不要とのことですが、まずここからして実現出来るのか疑問なんですよね。NMB48ですらお笑い要素ありますし、説明を読む限り芸歴や男女不問ということからアイドル要素皆無の芸人さんが吉本坂46に応募をする可能性は当然あります。

実際に吉本坂46にどんな芸人さんが入るかは分かりませんが、この応募資格がある以上、お笑い要素皆無の芸人さんが吉本坂46のメンバーになる可能性も十分あり得ますよね。そうなった時に、吉本坂46をどうアイドルグループとして成立させていくのでしょう?

吉本坂46結成の話を聞いた時点では、如何せん芸人さんの企画モノという気がしてならないのですが…。

ましてや、乃木坂46や欅坂46と共演するとなると完全にアイドルグループとして仕上げてこなければ浮いてしまいますし、混ざり合うことは出来ません。少しでも浮けば、アイドルと芸人さんによる共演やコラボに留まり、ちゃんと混ざり合うこともないでしょう。

乃木坂46の場合、バナナマンさんとの相性が抜群なだけに、尚更他の芸人さんとの共演や密接な関係がどこまでハマるかという疑問もありますね。

関連記事→【乃木坂工事中バレンタイン】齋藤飛鳥のかわいい涙!与田登場で遂に?
関連記事→齋藤飛鳥と設楽統の仲良しコンビが面白い!イチャイチャ感が推せるw

吉本坂46が乃木坂46や欅坂46と共演するならば、どこまで混ざり合うことが出来るのでしょうか?

乃木坂46と吉本坂46がライブで共演してどう混ざり合うのか

https://twitter.com/HIRAGANA_HINA/status/966300623716024321

やはり、吉本坂46を坂道シリーズとして結成することや乃木坂46、欅坂46と共演することに辟易している乃木坂46ファンの方がいらっしゃいます。

芸人さんのネタとしてやるならまだしも、ガチでアイドルを目指し坂道シリーズとして乃木坂46や欅坂46と共演するとなると、素直に受け入れられないのは仕方ない気がしますね。自分は秋元康氏の企画や戦略には基本的に肯定的で乃木坂AKBや坂道AKBも最初から結構楽しんでたんですが、吉本坂46ばかりは抵抗を感じざるを得ないです。

やはり、芸人さんがアイドルとして成立するのか疑問ですし、吉本坂46が乃木坂46や欅坂46と共演した時にどう混ざり合うか未知数なんですよね。一緒に混ざってしまって汚くならないのか?

まぁ、散々芸人芸人言ってきましたが、吉本坂46への応募資格は芸人さんだけが対象ではないんですよね。もしかしたら吉本坂46は芸人さん皆無のアイドルグループになる可能性もなきにしもあらずではありますが、よしもと所属タレントの芸人率の高さを考えるとそうなる可能性も微妙です。

今回はかなり否定的になってしまいましたが、最初微妙でも最終的によかったと思えるのが秋元康ブランドだと個人的には思っています。今はとにかく、吉本坂46の動向を見守っていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする