スポンサーリンク
スポンサーリンク

冨里奈央はご当地の地下アイドル出身?高校・中学・実家・家族構成も

スポンサーリンク

乃木坂46の5期生・冨里奈央さん。乃木坂愛に溢れるメンバーで、性格の良さも人気の理由です。

また、「おひとりさま天国」に収録の5期生楽曲「考えないようにする」ではセンターを務めるなど、今後選抜に入る可能性もあるでしょう。

そんな冨里さんですが、乃木坂に加入する以前もご当地の地下アイドルで活動していたとか。

今回は、冨里奈央さんの地下アイドル時代のことや出身高校・中学・実家・家族構成などについてお伝えいたします。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

冨里奈央はご当地の地下アイドル出身?

出典:https://twitter.com/

冨里さんが所属していたのは、「市川乙女(いちかわおとめ)」という千葉県市川市のご当地アイドルグループ。2015年9月12日に誕生したご当地の地下アイドルです。

詳しくは後述しますが、冨里さん自身が千葉県出身ですので地元でアイドル活動をしていたようですね。正確な活動開始時期などは不明ですが、小学校の時から市川乙女のメンバーとして活動していた模様。2017年11月30日までは活動していたようです。

なお、市川乙女時代は「青坂奈々」という芸名で活動していました。所属していた事務所は「evergreen」。こちらは、池田エライザさんなど多くの有名俳優・女優が所属している事務所です。

さらに、小学生向けファッション誌「JSガール」の読者モデルとしても活動をしていました。「JSガール」は小学生モデルが載れる雑誌で、ここでは「冨里奈央」として活動しています。

しかも、Jsガールとしてファッションショーにも参加していたというのですから驚きですね。この当時からポテンシャルがあったのでしょう。

出身中学や高校は?

冨里さんの高校は、目黒日本大学高校の通信制課程が有力です。本人が目黒日本大学高校に通っていることを公言してはいないものの、こちらは多くの坂道グループメンバーが通っていることで有名です。

同じく5期生の井上和さんをはじめ、遠藤さくらさんや金川紗耶さん、阪口珠美さん、久保史緒里さん、中村麗乃さん、賀喜遥香さん、清宮レイさんも目黒日本大学高校の出身者でした。よって、冨里さんも目黒日本大学高校の可能性が高いといえるでしょう。

関連記事→菅原咲月は元子役で木更津出身?小・中・高校や部活についても
関連記事→五百城茉央の高校・中学・小学校は?実家と家族構成・正源司陽子との関係も
関連記事→小川彩はキッズモデルだった?出身高校・中学・実家・家族構成も
関連記事→井上和は子役をしていた?出身高校や中学・実家・家族構成も2

また、冨里さんはインタビューなどで、学校行事やテストなどについて言及していません。この場合、通信制高校や通信制課程に在籍していることが多いです。このことから、通信制課程である可能性が高そうですね。

次に出身中学校ですが、こちらは千葉県市川市立南行徳中学校です。

乃木坂として活動している現在では元気で明るいイメージが強いですが、中学時代は人間関係に悩んでいたとか。不登校にもなっていたそうです。

当時のことについて、次のように話していました。

「ほんの些細なすれ違いが原因でクラスメイトの女の子との関係が悪くなって他人を信用することができなくなった」

そんな冨里さんが悩んでいる姿を見た父親は、「奈央は人前に出るのが得意だからこういうの受けてみたら?」と乃木坂46のオーディションを勧めてくれたとのこと。母親と妹も応援してくれたそうです。

こうして、中学3年生だった2021年に乃木坂46の5期生オーディションに応募しました。コロナ濃厚接触者になって2023年2月の「5期生お見立て会」に参加できなかったこともありましたが、合格できてよかったですよね。

実家や家族構成は?

出典:https://twitter.com/

前述したように、冨里さんは千葉県出身です。もっと詳しい地元の情報がないか調べてみたところ、千葉県市川市南行徳が地元である可能性が高いことがわかりました。

これは、先ほどご紹介した出身中学・市川市立南行徳中学校の住所が千葉県市川市南行徳だからです。小・中の義務教育は学区で振り分けられています。よって、出身中学校の住所がわかれば自然と実家の関する情報も大体わかってきますよね。

関連記事→【乃木坂46】35th選抜予想!小川初選抜やアルノ復帰・冨里弓木初福神?

また、家族構成は両親と妹の4人家族です。ご家族がオーディションの背中を押してくれたというエピソードからしても、いいご家族であることがわかりますね。

ですが、中3の時には反抗期もあったそうです。5期生の冠番組「乃木坂スター誕生」ではそんな反抗期を思い出してKiroroの「未来へ」を五百城茉央さんと歌いました。

まとめ

以上、今回は冨里奈央さんのご当地・地下アイドル時代のことや出身高校・中学・実家・家族構成などについてお伝えいたしました。

2023年12月11日発売の「週刊プレイボーイ」では雑誌初表紙を飾った冨里さん。今後もさらに活躍が続きそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク