スポンサーリンク
スポンサーリンク

【乃木坂46】24th選抜予想!4期生初参加?センター白石or飛鳥に異論

スポンサーリンク

2019年9月4日リリース予定の乃木坂46の24thシングル。7月14日放送の「乃木坂工事中」でその選抜発表が行われます。

9月4日ってことは、もうあと2か月もないんですよね。これはあっという間にリリース日が来てしまいそうです!

今回は、その24thシングルの選抜、センター予想をしていきます。

出典:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO40602360Z20C19A1000000/

スポンサーリンク

乃木坂46 24thは4期生が初選抜か

24thリリースの発表を聞いた時、てっきり4期生がセンターを務めると思っていました。

最有力は、遠藤さくら。次点として、掛橋沙耶香や清宮レイあたりを予想していました。1番可能性が高いと予想していたのは、遠藤さくら+誰かのWセンターです。

これは、「バレッタ」の堀未央奈センター、「逃げ水」の大園桃子&与田祐希のWセンターという初選抜にして初センターという過去の事例を参考に予想したものです。例年通りだと2019年内に25thもリリースされる可能性が高く、年末の歌番組では最新シングルが披露される可能性のが高いことを考えると、9月発売の24thで4期生が初選抜&初センターを務めるには最も都合のいいタイミングと言えるでしょう。

しかし、その予想は恐らく外れていると思います。なぜなら、24thの選抜発表はスタジオではなく今野式だからです。もし24thが4期生センターならスタジオでの発表で30分まるまる使うでしょう。ですが、24thの選抜発表がある7月14日は「これなら語れるグランプリ後半戦」もあります。おそらく、選抜発表にはそこまでの釈は使わないはず。

ただ、4期生の選抜入り自体はあり得ると思っています。↑で挙げたメンツが3列目に選ばれる可能性は十分あるでしょう。

関連記事→遠藤さくら 実家の蕎麦屋の評判!店にあるサインもかわいい地元の人気店
関連記事→遠藤さくら【乃木坂4期生】暫定センターのダンスの評判は?癒し系性格がかわいい
関連記事→乃木坂46-23rd【4期生ライブ】セトリまとめ!全員センター企画に感動
関連記事→【4番目の光】杉山勝彦曲を起用した乃木坂4期生の活動路線を考える
関連記事→【乃木坂46】4番目の光と三番目の風を比較~歌詞の意味やセンターも
関連記事→【乃木坂46】4期生は誰が人気?推しメン誰にする?年齢出身まとめ

また、4期生がセンターでなければ全ツナゴヤドームで完全復帰した山下美月の初センターの可能性もあると予想していました。が、初センターなら今野式よりスタジオでの発表の可能性のが高いため、山下美月の初センターも恐らくないですね。

センター予想 白石麻衣か齋藤飛鳥の可能性と問題

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00010045-realsound-ent.view-000

初センターの可能性が低いとなれば、これまでセンター経験のあるメンバーがセンターを務めることになりますよね。センター最多だった西野七瀬は乃木坂46を卒業しましたから、24thのセンターは白石麻衣か齋藤飛鳥である可能性が最も高いかと思われます。あるいは、2人のWセンターである可能性も考えられますね。

しかし、白石麻衣か齋藤飛鳥がセンターだった場合、素直に喜べないというのが本音です。これはもちろん、2人にセンターをしてほしくないわけではありません。

ただ、白石麻衣がセンターだとするとどうしても卒業を連想してしまいます。卒業はメンバー自身のタイミングでするものですから、ファンに引き止める権利がないのは百も承知。とは言え、シンプルに卒業は寂しいですし勝手な思いをあえて書くならもう少しいて欲しいですね。

関連記事→白石麻衣の卒業のタイミングについて~乃木坂御三家消滅への覚悟をする

いずれにせよ、万が一24thが白石麻衣の単独センターならまいやん推しをはじめとした乃木坂46ファンは覚悟しなくてはなりません。7月8日にはキャプテンの桜井玲香が乃木坂46からの卒業をブログで発表したように、ファンはライブやイベントがなくてもメンバーの卒業は常に覚悟していなくてはならないのですが…。

次に、24thのセンターが齋藤飛鳥だった場合。こちはさすがに卒業はまだないでしょう。しかし、齋藤飛鳥センターもやはり複雑です。

飛鳥推しとしては推しのセンターはシンプルに嬉しいのですが、2作連続センターはさすがに本人の負担が大きすぎるのではないか…と思います。ただでさえ運営の飛鳥ちゃん頼りに辟易しているファンの方が多くいるのに24thのセンターまで彼女なら、これまで以上に否定的な意見が彼女に向けられるでしょう。

関連記事→齋藤飛鳥をエースとする運営の戦略は?遅咲き1期生最年少センターの役割
関連記事→乃木坂46歴代ポジションまとめ2019【齋藤飛鳥】アンダーからセンターへ

そして、乃木坂46には齋藤飛鳥以外にもセンター適正のメンバーや選抜入りをしてもかしくないメンバーが多数います。それを踏まえて、24thセンター以外の選抜予想もしてみます。



山崎怜奈がついに初選抜?

まず、9月1日の全ツ神宮で卒業をする桜井玲香は、24thの選抜からは外れると予想します。ただし、カップリングに卒業曲が収録される可能性はありますね。

また、「Sing Out!」でフロントだった大園桃子ですが、2019年の全ツを休養することとなったことを考えると24thでのフロント及び福神残留の可能性は低い気がします。場合によっては、選抜から外れる可能性もあるでしょう。

井上小百合も大園桃子同様に2019年の全ツを休養することとなりましたが、井上小百合の場合3列目でのポジションが安定しているため、膝が順調に回復すれば3列目で選抜される可能性は十分ありますね。

逆に、寺田蘭世の選抜復帰、山崎怜奈の初選抜もあり得ると予想しています。寺田蘭世のポテンシャルは運営もい加減認識しているはずですし、23rdでのアンダセンターを考えれば24thでの選抜復帰は固いのではないでしょうか。

関連記事→滑走路(乃木坂46)センター寺田蘭世の爽やかな歌詞と曲調いいね!
関連記事→乃木坂46【滑走路】PVも神!アンダー少人数のメリットを思い知る
関連記事→【乃木坂46】2期生をアンダーに隠す運営の意図~選抜渋滞を改めて痛感

山崎怜奈もこれまで選抜に入っていないのが不思議なくらい選抜入りするだけの実力はあるはずです。2期生はなかなか選抜入りする機会がありませんでしたが、23rdでは渡辺みり愛が初選抜を果たしましたし、そろそろれなちにもチャンスが来るのではないかと思います。

あと、個人的には新内眞衣にそろそろ福神入りして欲しいです。いじられキャラが定着化してしまっていますが、乃木坂46の貢献者の1人ですよね。福神で輝いている新内さんを観れば、彼女をBBA呼ばわりするファンは何も言えなくなるのではないでしょうか?

3.4期生に魅力的なメンバーが揃っているのは事実です。しかし、1,2期生も決して負けていません。1,2期生の魅力を選抜と言う形でもっと引き出して欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. とげぴー より:

    多くての人が浅はかな予想・リーク・予言をしていた中で、結果としてここの予想が一番本質に近かった。タイミング的に逃げ水のときのように、短期間のチャレンジ企画のような4期センター曲ですから。半年に一度のシングルだと、もちろんこの編成はない。
    あと、桃と井上が外れる可能性にも触れてるし、たいしたもんだ。