スポンサーリンク
スポンサーリンク

弓木奈於の天然は発達障害?不安障害・体調不良・眠気・母親や遺伝との関係も

スポンサーリンク

2024年現在、乃木坂の中で特に注目されているのが弓木奈於さんです。その天然で面白いキャラはグループの冠番組だけでなく「ラヴィット」や「さんま御殿」など外番組でも高く評価されていますね。

そんな弓木さんですが、1部では発達障害では?という声も。個人的にも思い当たる節はあります。

そこで今回は、実際に弓木さんが発達障害である可能性がどれだけあるのかをみていきましょう。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

弓木奈於の天然は発達障害?

出典:https://twitter.com/

発達障害とは、生まれつき脳の発達が通常と違っていることを言います。幼児のうちから症状が現れ、友達作りやコミュニケーションが上手くいかないこともしばしば。

空気が読めず、行間が読めないといったことも発達障害の特徴です。

弓木奈於さんの場合、人一倍気を遣うタイプではあります。ですが、行間が読めないと思われたシーンもいくつかありました。

例えば、「乃木坂工事中」で久保史緒里は太陽にほえろの殉職シーンで何と言ったか?というクイズに答えた時のこと。設楽さんがヒントとして出した”頭文字が「む」最後の文字が「ね」に対し日村さんが”答え言ってんだよ”とさらに助言。

これはもちろん”答えを言ったようなもんだ”という意味でしたが、弓木さんは答えを教えてもらったと勘違いし、”むね”と回答しました。

弓木さんの天然が炸裂した瞬間でしたが、言外に含まれている意味が読み取れないのは発達障害の典型例でもあります。

また、発達障害の人は情報の処理ができなくなるとパニックを起こします。弓木さんは言い間違いなども目立ちますが、これも脳内でパニックを起こしている可能性が考えられます。

前述したように、弓木さんは人一倍気を遣うタイプです。バナナマンに対し”生田絵梨花さんという先輩がいて”など当たり前のことを説明しようとしたのも先輩に失礼があってはいけないなどといった彼女なりの配慮なのでしょう。

関連記事→弓木奈於の実家の畳屋はどこ?中学や高校・家族構成・お金持ちエピソードも
関連記事→弓木奈於は天然で面白いだけじゃない?天才の裏にある有能さや人気の理由
関連記事→弓木奈於って料理も歌もうまいって知ってた?7人兄弟・劇団で培った実力
関連記事→【乃木坂46】実はファン想いなメンバー5選!飛鳥・梅澤・山下・弓木・新内

沈金などでの即興ソングなどを聴いていても本来頭の回転は速いはずです。むしろ、色々考えすぎて自分の脳内で情報の処理ができなくなってしまった結果、言い間違いをしてしまっているのではないでしょうか?



不安障害の可能性も

発達障害の場合、子供の頃から何か問題を起こしても子供だからと許してもらえることも多いでしょう。ですが、大人になると注意、叱責、場合によっては罵倒などを繰り返されることもあります。

すると、自分は何か人と違う、とた生きにくさを感じることがあります。弓木さんもこれに当てはまるのではないでしょうか。

弓木さんは普段の言動からも自己肯定感が低いことがわかります。

「川島明そもそもの話」の出演した際には、「なんで人と同じことができないのか」を怒られ自信を失ってしまったと話すシーンも。ブログでも”「なんで周りの子や兄弟は普通に出来ることが、私は出来ないんだろう」「私、必要じゃないかも」と思ってしまう時もありました。”と語っていました。

「沈黙の金曜日」でも”怒られたくない”と発言したり、自分以外のメンバーへ嫉妬する場面も。これは、怒られることへの不安や周りの人間が自分から離れてしまうのではないかという不安から来ている可能性が高そうです。

このような状態を不安障害と言います。

不安障害は、発達障害の特性の1つ。発達障害の場合、見通しの立たない状況において不安を感じやいのだとか。というのも、想像力の乏しさという特性があるため、先のことに対して不安を感じやすいのです。

弓木さんは歯医者へ行くのが苦手なくらい痛いのが苦手と話す一方、沈金でアルコアンドピースに対し、でこぴんを思い切り喰らいたいと発言したことも。一見矛盾してますよね。

しかし、でこぴんで伴う対身に対する想像力がつかなかったと考えれば納得です。



眠気がすごくて文化祭を欠席した?

出典:https://twitter.com/

弓木さんは昔から体が弱かったとのこと。それは今現在も変わっていないようで、体調不良でミーグリやラジオを休んだことも何度かありました。熱が下がらなかったと言っていたこともあります。

実は体調不良も発達障害の特徴の1つ。熱が出やすいと言われています。

発達障害の人は、自律神経の調整が苦手でもあります。 自律神経とは、代謝や体温などを調節する機能で無意識に働いているもの。 身体に熱が籠り、常に熱く感じるそうです。

特に夏の暑い時期はさらに暑さを感じやすいので、体調を崩しやすくなってしまう方も多いと言われています。

2022年の全ツの神宮公演でも体調不良が原因でアンコール以降不参加となったこともある弓木さん。実際の原因はわかりませんが、自律神経のバランスを崩し体調不良に陥ってしまった可能性も考えられるでしょう。

また、発達障害の特徴として眠気を訴えることが多くあります。弓木さんは学生時代にほぼ丸2日寝続けたことや日中ずっと寝ていて文化祭に出れなかったこともなども明かしていました。

発達障害による眠気は、注意力の低下、多動による疲労、本人の気分や意欲の程度などの複数の原因や不眠、睡眠リズムの問題もあるとのこと。このような状態から眠気に襲われるといいます。

丸2日寝てしまった時には、用事を済ませた後だったとも言っていたので、多動による疲労が溜まっていたのかもしれませんね。



母親の珍エピソードや発達障害と遺伝との関係

出典:https://twitter.com/

天然な発言などが目立つ弓木さんですが、そもそも母親も天然でクレイジーな方だそう。母親の珍行動についてこんなことを話していました。

弓木さんの母親は、新潟に住んでいる妹と少しでも近い場所に行きたいと思い京都から東京へ出てきたのだとか。…なぜそれなら新潟に行かなかったのかって話ですよね。笑

この時は妹さんの誕生日で、妹不在の状態で弓木さんの家に来てケーキを食べたのだとかw

これを横で聴いていた吉田綾乃クリスティーさんも「そりゃ君が生まれるよねw」と呆れる始末。そりゃ呆れるのも無理ありませんw

このように弓木さんの天然は母親譲りであることがわかります。しかし、発達障害と遺伝は関係しているのでしょうか?

結論から言うと、関係があると言われています。世界的に発症数の多い自閉スペクトラム症については、いくつかの遺伝子の関連性が報告されているとのこと。

もちろん遺伝子以外の要因による影響もあるため、弓木さんが遺伝の発達障害と断言することはできません。しかしながら、発達障害の親から発達障害児が産まれるケースや、兄弟全員が発達障害児であるケースがあるのもまた事実です。

よって、弓木さんの母親が発達障害だったため弓木さんも発達障害である可能性は十分あるでしょう。

ただ、もし仮に弓木さんが発達障害だとしても彼女が魅力的な人であることには変わりません。弓木さんはワードセンスは独特ではありますが、その言葉からは根っこにある真面目な性格や優しさが伝わってきます。

彼女が伝えたいことの本質を理解できれば、多くの方が彼女の発言に共感できるのではないでしょうか?



まとめ

今回は、弓木奈於さんが発達障害かどうかについて考察しました。

行間を読むのが苦手、パニックを起こす、不安障害・体調不良・眠気など弓木さんの言動と発達障害の特徴が一致しているのは事実です。ただ、それがいいとか悪いかということではなく、むしろ原因がわかればそれを個性として受け入れやすくなることもあると感じています。

いずれにしても弓木さんは現在の乃木坂を大いに盛り上げている存在。今後も彼女を温かく見守りながら応援していきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク