スポンサーリンク

川後陽菜のあだ名まとめ!面白いニックネームを3期生や4期生にもつけるか

スポンサーリンク

生田絵梨花さんの歌唱力や演技力、若月佑美さんや西野七瀬さんの絵など乃木坂46には様々な才能を持ったメンバーがいます。その中で、隠れた才能を持っているのが川後陽菜さん。

川後陽菜さんは乃木坂46メンバーに「あだ名」(ニックネーム)をつける才能があります。メンバーの特徴を見事に捉えたあだ名を次々と付けてきた川後陽菜さんは、そのネーミングセンスの高さから「川後P」と呼ばれるほど。

今回は、川後陽菜さんがこれまで乃木坂46メンバーにつけてきたあだ名(ニックネーム)をまとめていきます。また、あだ名をまだもらっていない3期生やこれから加入してくるであろう4期生にニックネームをつける可能性についても付記します。

出典:http://ngzk46.livedoor.blog/archives/31194794.html

スポンサーリンク

乃木坂46メンバーに天才的なあだ名をつけてきた川後陽菜

出典:https://matome.naver.jp/odai/2138779438707582401

これまで天才的なあだ名を乃木坂46メンバーにつけてきた川後陽菜さん。そのニックネームを振り返ってみましょう。

なお、今回のまとめ一覧で紹介するのは2018年10月時点での現役メンバーのみとします。

川後陽菜が1期生につけたあだ名まとめ

秋元真夏「生まれながらの釣りったん」

生田絵梨花「常識知らずの変人」

井上小百合「見せかけ天使」

衛藤美彩「ビー玉ババア」

齋藤飛鳥「ロリ手羽先」

斉藤優里「出っ歯たん」

桜井玲香「顔面うるさい」

白石麻衣「女神」

高山一実「おばちゃんビューティー」

中田花奈「セクシーベルーガ」

西野七瀬「おさわりの西野」

能條愛未「ルージュ愛未」

樋口日奈「ニセ京都人」

星野みなみ「デーモンささやき」

松村沙友理「痛いキャラ、21歳。」

若月佑美「顔芸のプロ」

和田まあや「(バカな)愛されまあや♥」

以上、川後陽菜さんが1期生につけたあだ名のまとめです。ほとんど悪口ですが、メンバーの特徴を的確に捉えてますよね。樋口日奈につけた「ニセ京都人」や井上小百合「見せかけ天使」とかはもはや自然と納得してしまうレベル。

あだ名をつけられた衛藤美彩さんが思わず「コノヤロー!」と言った「ビー玉ババア」も毒舌ながら納得です。

関連記事→和田まあやの天才説を分析~面白いモノマネと頭脳王で天然キャラ炸裂
関連記事→井上小百合の天使と男前のギャップに萌える!私服センスは兄の影響?
関連記事→【乃木坂46】樋口日奈が癒し系キャラと評判の理由~優しい性格と和風美人

このようにメンバー内なら年齢無関係に容赦なくあだ名をつける川後陽菜さんがツワモノであることには変わりありませんが、和田まあやさんにつけた「(バカな)愛されまあや♥」などからも分かるように、メンバーに対する愛があってこそ。だからこそ、川後陽菜さんがメンバーへつけるあだ名から笑いが生まれるのでしょう。

また、今回のあだ名のまとめ一覧は現役メンバーのみということから除外しましたが、川後陽菜さんがつけたあだ名を語る上で外せないのが深川麻衣さんにつけたあだ名「聖母♥♥♥」。これは、川後陽菜さんのネーミングセンスを象徴するあだ名と言ってもいいでしょう。というか、これに関しては単なるニックネームを通り越して深川麻衣さんを象徴するワードと言っても過言ではありません。

川後陽菜が2期生につけたあだ名まとめ

伊藤かりん「アゴ」

伊藤純奈「猫かぶり」

北野日奈子「女優じゃないほうのきいちゃん」

佐々木琴子「棒読みの琴子」

新内眞衣「OLBBA(ババア)」

渡辺みり愛「見せかけロリ」

以上、川後陽菜さんが2期生につけたあだ名のまとめです。こちらも、川後陽菜さんの毒舌ぶりが発揮されていて面白いですね。北野日奈子への「女優じゃないほうのきいちゃん」とかストレートすぎw

関連記事→【新内眞衣】乃木坂46最年長としての役割~節約やラジオに会社員兼任の経験

伊藤かりんへつけた「アゴ」や新内眞衣「OLBBA(ババア)」など見た目や年齢を弄ったあだ名も多くつけていますが、これも川後陽菜さんのメンバーに対する愛あってのものでしょう。それにしても、改めてあだ名をまとめるとものすごい発想力ですよね。もちろんメンバーとして一緒に活動しているからこそ思いついたり言えたりするというものなんでしょうけど、だとしても川後陽菜さんじゃなければ思いつかないであろうあだ名がたくさんあります。

また、川後陽菜さんは乃木坂46メンバーに留まらず、乃木坂46スタッフにまであだ名をつけています。乃木坂46運営委員会委員長である今野義雄氏には「ストール部長」 、チーフマネージャーの菊地友氏には「くるくるメガネ」。こちらも、川後陽菜さんだからこそつけられたあだ名であることは言うまでもありません。笑

3期生や4期生にも面白いニックネームをつける?

https://twitter.com/JJKM_JJKM/status/976473833921064962

このように、乃木坂46メンバーやスタッフに毒舌かつ的確なあだ名をつけてきた川後陽菜さん。しかし、3期生にニックネームをつける機会がまだありません。

3期生が選抜として活動するようになったとはいえ、がっつり絡む機会はそこまでありませんものね。そう考えると、川後陽菜さんが3期生にあだ名(ニックネーム)をつける機会がないのは仕方ないことではあります。

ですが、これだけ天才的なあだ名をメンバーにつけてきたわけですから、やはり3期生にもあだ名(ニックネーム)をつけて欲しいという意見は挙がっています。個人的には、あざとい山下美月や天然な与田祐希、喋り方が棒読みで話題となった佐藤楓あたりにニックネームをつけたら面白い気がします。と思ったら、個握で与田ちゃんにはつけてたみたいですね。笑

関連記事→乃木坂46 山下美月のあざといキャラは秋元真夏以上?次世代釣り師の魅力
関連記事→与田祐希の天然エピソードと方言がかわいい!首絞められてもすいとーよ?
関連記事→梅澤美波の高身長は武器!スタイルのよさと美脚がセンター映えする

あとは、見た目イジりもうまいから、長身の梅澤美波とかにもいいあだ名をつけるかも。でも、みなみんは「ひょろ長亭梅マヨ」を超える面白いニックネームは出ないか。笑

2018年夏には坂道合同オーディションが開催されたことにより、乃木坂46には近々4期生も加入してくるでしょう。まだ3期生にも公式にあだ名(ニックネーム)をつけていませんから気が早いかもしれませんが、4期生が加入してきた時には4期生にもあだ名をつけてもらいたいですね。

まとめ

今回は、川後陽菜さんが乃木坂46メンバーやスタッフにつけたあだ名(ニックネーム)をまとめました。まとめてみて改めて川後陽菜さんのセンスと才能を感じましたね。面白いです。

あだ名を見ると毒舌の印象が強くなりますが、川後陽菜さんは自身が選抜に選ばれないことなどを自虐ネタに変えて笑いを取ることもあります。「乃木坂って、どこ?」の学力テストの結果こそそこまで高得点ではないものの、川後陽菜さんは非常に空気が読めて頭の回転がはやい人間ということが分かります。

このあだ名や毒舌、自虐といった川後陽菜さんの才能やセンスは、乃木坂46以外でも通用するはずです。もっと活動の場を広げて欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする