スポンサーリンク
スポンサーリンク

【乃木坂46】34枚目感想まとめ!スタイリッシュでバブ美登場?

スポンサーリンク

12月6日発売の乃木坂46 34枚目シングル「Monopoly」。11月30日未明の「乃木坂46のオールナイトニッポン」ではユニット曲4曲が一挙解禁されました。

今回は、34枚目シングルの収録楽曲の感想をまとめていきます。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

乃木坂46 34枚目はレトロ曲調多め?

34枚目は、全体的にレトロな曲調が多い印象です。32枚目「人は夢を二度見る」とわりと近いかもしれませんね。

特に最近、乃木坂46はコンセプトシングル的な印象があるのですが、実際のところ狙っているのでしょうか?

「Monopoly」

表題曲の「Monopoly」はお馴染み杉山勝彦さん作曲。イントロから杉山節全開だ。

関連記事→考えないようにする 杉山勝彦節全開のイントロ!オーケストラ演奏たのむ
関連記事→杉山勝彦×乃木坂46の隠れた名曲3選!サヨナラの意味やきっかけ以外も神曲
関連記事→乃木坂らしさのある曲と杉山勝彦の関係~君の名は希望など神曲からみた
関連記事→杉山勝彦が乃木坂46ファンから天才と評価される理由~名曲の一覧も

とはいえ、「君の名は希望」や「サヨナラの意味」のような乃木坂らしさ全開の楽曲でもない。どちらかといえば、48グループにありそうな曲調なので乃木坂ファンとしては好みがわかれそうだ。

「助手席をずっと空けていた」

五百城茉央・梅澤美波・松尾美佑によるこの楽曲は、クリスマス感のある可愛らしい楽曲。シティポップ風味もありどこか懐かしい曲調だ。

ナイアガラサウンドはAKB48の「11月のアンクレット」を彷彿とさせるが…「11月のアンクレット」の作曲であり33枚目表題「おひとりさま天国」作曲者である丸谷マナブさん、編曲のAPAZZIさんが関与しているのだろうか?

「手ごねハンバーグ」

一ノ瀬美空・田村真佑・与田祐希によるこの楽曲は、こちらもアイドル感満載でどこか懐かしい曲調だ。

乃木坂で言うと「お別れタコス」や「シークレットグラフィティ」あたりに近いだろう。

まゆたんの歌声がとてもいい。

「スタイリッシュ」

賀喜遥香・菅原咲月・山下美月によるこの楽曲は、マイナー調の昭和歌謡。いかにも秋元さんがすきそうだw

関連記事→菅原咲月はハーフ?両親や家族構成・オーディションを受けた理由も
関連記事→菅原咲月は元子役で木更津出身?小・中・高校や部活についても

「乃木坂スター誕生」で中森明菜さんを歌いこなしたかっきーはもちろん、同番組でバブ美を好演している菅原咲月も見事にハマっている。

「羊飼いよ」

久保史緒里・中西アルノ・林瑠奈によるこの楽曲は、上記3曲とは打って変わってボカロ的な楽曲。

とてもアイドルが歌う用に作ったとは思えないほど歌いにくそうで、歌唱力抜群の久保ちゃんですら「難しかった」と言ってた。

とはいえ、歌唱力に定評のある3人なだけにこれを見事に歌いこなしているからすごい。というか、この3人のユニット曲前提で作られたのだろう。

「いつの日にか、あの歌を・・・」

こちらは、5期生楽曲。今回のシングルでは、これが最も乃木坂っぽいのではないだろうか。

歌詞も5期生の気持ちをとてもシンプルに表現しており、まっすぐな楽曲である。

MVのメンバーの表情もさすがだ。

「思い出が止まらなくなる」

34thアンダーメンバーによる楽曲。youth caseさん作曲による王道アイドル曲だ。

夏曲感もあり、評判もいい。

感想まとめ

以上、乃木坂46の34枚目シングルの感想まとめでした。

今回もクセのある楽曲が多い気がしますが、ライブパフォーマンスなどで映えそうですね。

披露が楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク