スポンサーリンク
スポンサーリンク

菅原咲月はハーフ?両親や家族構成・オーディションを受けた理由も

スポンサーリンク

乃木坂46の5期生・菅原咲月さん。ファンなどからは小吉の愛称で親しまれています。

また、5期生楽曲「バンドエイド剥がすような別れ方」ではセンターを務めたほか、34th「Monopoly」収録の「スタイリッシュ」では山下美月さん、賀喜遥香さんとともにユニット曲にも参加しました。

そんな菅原さんですが、ハーフではないか?という声があります。

今回は、そのハーフ説の真相や両親や家族構成・オーディションを受けた理由など菅原咲月さんについて調査しましたのでみていきましょう。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

菅原咲月はハーフ?

前述したように、菅原さんにはハーフ説があります。さらには、クオーターではないかという声もありました。

ですが、本人がハーフやクオーターと公言した事実はありません。ではなぜハーフやクオーターでは?という噂が出たのでしょうか?

考えられるのは、2つです。

1つは、菅原さん自身が韓国人系統の美人であるということ。若干アジア系というか日本人離れした綺麗さですよね。

もう1つは、乃木坂では過去にハーフやクオーターのメンバーがいたからということ。まずは1期生の宮沢セイラさんです。

宮沢セイラさんは、フランス人のクオーター。宮沢さんのご両親は、父がクロマティック・アコーディオン奏者のフランス人、母が日本人です。

宮沢さんはクオーターということになりますね。

しかも、父親はなんと元サッカー選手で現在NHKのサッカー解説者として活躍されている宮沢ミシェルさんと言うのですから驚きです。

また、同じく1期生の齋藤飛鳥さんもミャンマーと日本のハーフです。お母さんがミャンマー人でお父さんが日本人とのこと。こちらは結構有名ですね。

関連記事→菅原咲月は元子役で木更津出身?小・中・高校や部活についても
関連記事→【乃木坂46】34枚目感想まとめ!スタイリッシュでバブ美登場?

なお、生田絵梨花さんもクオーターと言われていますが、生田さんはクオーターではありません。

ドイツ・デュッセルドルフ生まれではありますが、父親の仕事関係でドイツにいただけでご両親も日本人です。

両親や家族構成について

ハーフ説があった菅原さんですが、家族構成は母・父・菅原さんの3人家族です、兄弟はおらず、1人っ子であると公言しています。

また、菅原さんの自己紹介の1フレーズ「さ〜つきちゃ〜ん!」は、菅原さんのお母さんが考案したものでだとか。同じく5期生の井上和さん曰く、菅原さんのお母さんは井上さんと初対面を果たした際、井上さんを急に「にゃんにゃん」と呼び始めたのだとか。

井上さんは、それが嬉しかったそうです。

このエピソードから仲のいい親子であることがわかりますが、「乃木坂工事中」の料理企画では子供の頃あまり手伝いをしてこなかったことも判明しています。同企画で作った酢豚は番組MCの設楽さんが「腹立つ」と言ったほどのひどさw

普段、ドSで有名な設楽さんですが、ここまではっきり言わるとはなかなかですよね。笑

オーディションを受けた理由

出典:https://twitter.com/

井上和さんや小川彩さんなど、加入前に芸能活動をしていたメンバーも多い5期生。一方、菅原さんは乃木坂加入前特に芸能活動はしていませんでした。

5期生オーディションを受けた理由は、幼少期時代に何もしてこなかったことを後悔し、挑戦しなかったら後悔すると思ったからとのこと。幼少期から引っ越しが多く転々とした生活を送っていたそうで、新しい場所に行くたびに何もしてこなかったことを後々後悔していたそうです。

とはいっても、乃木坂に興味はあったそうです。

3期生が加入したぐらいの時期に乃木坂を知ったという菅原さん。「逃げ水」がリリースされたタイミングで本格的に乃木坂を応援しようと思ったそうです。

憧れていた先輩は、大園桃子さん。大園さんは、「逃げ水」で与田祐希さんとセンターを務めてましたから納得ですね。

乃木坂のファンであり、自分を変えたかった菅原さん。そのグループ愛と強い意志がオーディションにいた大人たちにも伝わったのではないでしょうか。

ちなみに、ハロプロのファンでもあったそうです。自身のブログでは、「好きなハロープロジェクトの楽曲を知りたいです」という質問に対し以下のようにコメント。

「モーニング娘。さん『泣いちゃうかも』、モーニング娘。’16さん『The Vision』、モーニング娘。’19さん『I surrender 愛されど愛』書くと長くなりそうなので、よく聴く機会が多いこの3曲にします!!」

出典:https://www.nogizaka46.com/s/n46/diary/detail/100484

「LOVEマシーン」とか有名曲を挙げないあたり、ガチ度が伝わってきますよね。5期生の冠番組「乃木坂スター誕生」ではハロプロの人気ユニット曲「好きすぎて、バカみたい」も披露。

菅原さんのハスキーボイスはハロプロ楽曲とも相性がいいので、もっと聴きたいです。

まとめ

以上、今回は菅原咲月さんのハーフ説や両親や家族構成・オーディションを受けた理由についてお伝えいたしました。

選抜常連になりつつある菅原さん。今後も活躍が増えそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク