スポンサーリンク
スポンサーリンク

頬杖をついては眠れない(乃木坂46)歌詞と感想~変拍子がかっこいい

スポンサーリンク

2019年4月17日に発売される乃木坂46の4thアルバム「今が思い出になるまで」。その初回仕様限定盤Type-Aに収録される「頬杖をついては眠れない」の音源が「Nutty Radio Show THE魂」にて解禁されました。

「頬杖をついては眠れない」は、秋元真夏・斉藤優里・白石麻衣・新内眞衣・高山一実という大人メンによるユニット曲。かっこいい曲ですね。大人メンだからこその楽曲という感じがします。

出典:https://twitter.com

スポンサーリンク

大人の女性目線の歌詞が印象的な乃木坂46「頬杖をついては眠れない」

近年の大人メンによる楽曲というと「意外BREAK」や「醜い私」あたりが浮かんできますが、今回の「頬杖をついては眠れない」も「意外BREAK」や「醜い私」同様、女性目線の歌詞ですね。「意外BREAK」では別れ、「醜い私」では浮気とそれぞれ大人の恋愛をテーマにした歌詞でしたが、「頬杖をついては眠れない」はそれらとはまた違った女性目線の歌詞です。

同じく秋元先生作詞の酒井法子さんの「頬杖をつく夜」という曲を思い出しました。この曲も自分の恋のことで悩んで眠れない状況を歌っているので、「頬杖をついては眠れない」の歌詞と似ていますね。彼のことを考えて頬杖をつくという意味なら前田敦子さんの「頬杖とカフェ・マキアート」って曲もありました。

まぁ要するに、秋元先生は「頬杖」というワードがお好きのようです。笑

とはいえ、これまでの乃木坂46にはなかった感じの歌詞ですよね。「ぼっち党」同様、こちらもなかなか攻めてますね。



変拍子がかっこいい

これまでの乃木坂46にはなかった感じの歌詞と書きましたが、曲調もまたこれまでの乃木坂46にはなかった路線ですね。というか、めちゃくちゃ変化球です。

変拍子の曲でAメロは5拍子ですが、サビでは3拍子に変わる(で、合ってますかね?)という。これは歌うの大変そうですねー。この変拍子の難しい曲にゆったんと真夏さんがいるって!爆

しかし、かっこいい曲ですよね。おしゃれな感じもしますし、ミステリアスな雰囲気を持つサウンドが歌詞と合ってます。この変拍子の曲をライブでばっちり歌ってくれたらめっちゃかっこいいんですが。。

ただ、それ以前にライブで披露される機会があるかですよね。アルバム曲だから全握はありませんし、披露されるとしたら全ツかバスラでしょうか。

とにかくこの変拍子がライブでどう転ぶか分かりませんが、個人的には今回のアルバム曲の中でも特にライブで聴いてみたい曲になりそうです。曲もですが、これをパフォーマンスする大人メンは絶対かっこいいはず!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク