スポンサーリンク
スポンサーリンク

乃木坂46【滑走路】PVも神!アンダー少人数のメリットを思い知る

スポンサーリンク

2019年5月29日に発売される乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」。その共通C/Wとして収録されるアンダー楽曲「滑走路」のPVが乃木坂46公式サイトにて解禁されました。これで、23rd関連は楽曲、PVともにすべて出揃いましたね!

「滑走路」をパフォーマンスするアンダーメンバーは10人。これまでアンダー史上最少だった「風船は生きている」の12人を下回りアンダー最少記録を更新しました。

ですが、「滑走路」はその少人数を生かしたPVとなっていますよね。そこで、「滑走路」PVの評判とともにアンダー少人数化について考えてみます。

出典:https://natalie.mu/music/news/332546

スポンサーリンク

寺田蘭世らメンバーのダンス&表現力が光る乃木坂46「滑走路」PV

「滑走路」のPVを観てまず思ったのが、寺田蘭世はやはりセンター向きであるということ。ダンスや表現力もさることながら、センターに立った時のオーラは半端ないです。

関連記事→寺田蘭世の美人度が急上昇!家族ネタや目力の評判から選抜常連なるか

また、毎度ながら表情が素晴らしいですね。Aメロの思い悩んでるシーンで儚げな表情をしたかと思えば、サビのダンスシーンでは清々しい表情をしているあたり、彼女の表現力の幅広さを改めて痛感しました。

同じく、ダンスと表情で特に惹きつけられるのが中田花奈。サビのダンスシーンでクールな表情で踊ってる人と2番Aメロで笑顔を見せている人が同一であるなんて信じられないくらいです。何故、ここまで魅力的な人たちが選抜ではなくアンダーなのか?とPVを観て改めて感じますね。

ただ、寺田蘭世然り、中田花奈然りクールで切ない楽曲がこれでもかというくらいに似合う故、アンダー楽曲の世界観と非常にマッチしているのも事実です。もちろん、選抜曲に不向きというわけではありません。

ですが、アンダー曲に寺田蘭世や中田花奈、樋口日奈らアンダー常連メンバーは必要不可欠であるようにも感じます。選抜で活躍する寺田蘭世や中田花奈は想像つくけど、寺田蘭世や中田花奈のいないアンダーが続いたらきっと自分は違和感を感じてしまうでしょう。

関連記事→滑走路(乃木坂46)センター寺田蘭世の爽やかな歌詞と曲調いいね!
関連記事→乃木坂46【日常】歌詞とギターがかっこいい!センター北野日奈子の代表曲確定?
関連記事→乃木坂46【日常PV】岩本蓮加フロント&主人公感!ダンスもかっこいい
関連記事→乃木坂46【三角の空き地】アンダー曲の真骨頂で神曲!切ない歌詞が響く
関連記事→乃木坂46【新しい世界】センターに鈴木絢音?歌詞がアンダー史上最強か
関連記事→乃木坂46 新しい世界PV 鈴木絢音が覚醒!3期生合流でアンダー新時代到来か
関連記事→乃木坂46アンダーライブ2018東京セトリまとめ!寺田蘭世の根性に圧倒
関連記事→乃木坂46アンダーライブ北海道セトリまとめ~中田花奈のソロダンスが評判!
関連記事→乃木坂46アンダーライブ中部セトリまとめ~鈴木絢音座長でアンダラの新しい世界広がる

こうなってくると、もはやアンダーは単なる選抜漏れではないですよね。



アンダー少人数のメリットを痛感

序文でも触れたように、「滑走路」をパフォーマンスしているのは10人と乃木坂46アンダー史上最少人数です。アンダーで10人というのはさすがに少ないという意見が出てくるのは無理ありません。実際、「風船は生きている」が12人だったことから”史上最弱アンダー”というレッテルを貼られたこともありましたね。

関連記事→渡辺みり愛 23rd初選抜と今まで~笑顔と歌声が魅力な最弱アンダーの下剋上

ですが、「滑走路」のPVではその少人数ということがいい方向に出ています。少人数である故にメンバー1人1人がはっきり映っているのです。寺田蘭世や中田花奈のダンスも、1人1人に焦点を当てたPVに仕上がっているからこそちゃんと確認できるんですよね。

アンダー10人が少ないのは確かです。しかし、少人数だから出来ることもあります。アンダーは少人数でも成立するんだということは渡辺みり愛率いる「風船は生きている」メンバーが証明していますが、アンダーの少人数がデメリットばかりではないことを、23rdアンダーメンバーが改めて証明してくれたのではないでしょうか?

改めて、乃木坂46アンダーのハイレベルさを痛感しました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク