スポンサーリンク

乃木坂46アンダーライブ中部セトリまとめ~鈴木絢音座長でアンダラの新しい世界広がる

スポンサーリンク

2018年5月15日よりスタートした乃木坂46アンダーライブ「アンダーライブ全国ツアー2018〜中部シリーズ〜」。今回のアンダーライブ(アンダラ)は、20th「シンクロニシティ」のアンダーメンバーということで、「新しい世界」でセンターを務めた鈴木絢音が座長です。

このエリア毎に分けたアンダラも今回の中部シリーズで6回目となり、すっかりアンダラの形が定着してきましたね。ですが、この中部シリーズから3期生がアンダーに合流、アンダーメンバー常連の選抜入りなど、様々な変化があります。

その変化はライブに影響しているのか?とにかく、セトリ等まとめますね。

出典:https://nogizaka-media.com/under-concert-schedule-tours2018/

スポンサーリンク

乃木坂46アンダーライブ中部シリーズのセトリまとめ

01. 新しい世界
02. 世界で一番 孤独なLover (センター・山崎)
03. 自由の彼方 (センター・優里)
04. 転がった鐘を鳴らすんだ!
05. ダンケシェーン (センター・鈴木、ただし1番サビのみセンター向井)
MC(優里)
05. 春のメロディー (センター・鈴木)
06. 涙がまだ悲しみだった頃 (センター・鈴木)
07. 憂鬱と風船ガム (センター・川後、優里、佐々木、佐藤、吉田)
08. 誰かは味方 (ちはる、かりん、純奈)
09. Rewind あの日 (センター・和田、山崎、相楽、中村、吉田、阪口)
10. 行くあてのない僕たち (鈴木、岩本)
MC
11. 扇風機 (センター・佐藤、川後、優里、和田、純奈、佐々木、山崎、阪口、岩本、向井、中村)
12. 君が扇いでくれた (センター・鈴木、ちはる、かりん、相楽、吉田)
13. 夏のFree&Easy (センター・優里)
14. ロマンティックいかやき
MC
15. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた (センター・岩本)
16. 嫉妬の権利 (センター・かりん、山崎)
17. ここにいる理由 (センター・鈴木)
18. 誰よりそばにいたい (センター・鈴木)
MC
19. シークレットグラフィティー (センター・鈴木)
20. 狼に口笛を (センター・ちはる)
21. 13日の金曜日
22. 自惚れビーチ
ENC
23. シンクロニシティ (センター・鈴木)
MC 今日の感想
24. ハウス!
25. おいでシャンプー
MC
26. 乃木坂の詩

まずは、セトリまとめから。鈴木絢音座長のセンターがかなり多いですね。歴代のアンダラ座長の中でも、今回は特に多いんじゃないですか?

でも、ここ最近特に鈴木絢音さんの成長を感じています。「自惚れビーチ」でのセンターは評判でしたし、「新しい世界」でも表現力やダンス力の高さに私自身魅了されました。

関連記事→乃木坂46【新しい世界】センターに鈴木絢音?歌詞がアンダー史上最強か
関連記事→乃木坂46 新しい世界PV 鈴木絢音が覚醒!3期生合流でアンダー新時代到来か
関連記事→乃木坂46×ツキダタダシ曲カモンカモン!自惚れビーチのAKB48的キャッチーさ

これを考えれば、今回のアンダラ中部シリーズでの鈴木絢音の活躍は想像つきますし、乃木坂46ファンなら納得の結果ではないでしょうか。個人的には、鈴木絢音センターの「シークレットグラフィティー」が特に観てみたかったです。(チケット、全落でした。)

また、前回の近畿・四国シリーズでセトリから表題曲を外すという試みに出たアンダラでしたが、今回の中部のセトリでも表題曲は3曲とやはり少ないですね。

こうしてセトリをまとめてみると、表題曲少なめのセトリというのは改めて攻めてるなーと思います。これも、小さなキャパでのアンダラならではのセトリですよね。

鈴木絢音のMCからみるアンダラの新しい世界

中部シリーズ初日の新潟公演で、「アンダラは新しいことにチャレンジしなくてはならない」と語った鈴木絢音さん。実際、アンダラってチャレンジしてますよね。

表題曲ゼロのセトリもそうですし、関東シリーズでやったファンタスティック3(関東シリーズの4公演を毎回3人ずつセンターを担当する企画)など、乃木坂46全体のライブでやっていないことをやるのがアンダラの魅力の1つでしょう。

そのファンタスティック3では、普段センターをする機会のないアンダーメンバーがセンターを経験することが出来ました。これは、アンダーメンバーにとっても貴重ですよね。ライブを観るファンにとっても改めてアンダーメンバーや楽曲の魅力に気付く機会になります。

関連記事→乃木坂46の人気曲はアンダーやユニットにもある!おすすめを挙げてみた
関連記事→乃木坂46生駒里奈卒コン セトリまとめ~Againstや乃木坂の詩スタートの斬新さ

「新しい世界」がセトリの1曲目というのは予想つきましたが、この中部シリーズの1曲目が「新しい世界」というのは今後の乃木坂46アンダーメンバー及びアンダラにおいて大きな意味を持つ気がします。

20thでは、アンダーメンバー常連だった樋口日奈さんや寺田蘭世さんの選抜入り、3期生のアンダー合流などアンダーにとっても様々な変化が出てきています。

鈴木絢音さん率いるアンダラは、今回の中部シリーズだけでなく、これからのアンダラの成長にも大きく繋がりそうな予感がしてなりません。むしろ、乃木坂46全体のライブにもいい影響を与えるとすら感じます。って、今回のアンダラ見れないんですが。汗

とりあえず、アンダラ中部シリーズはまだ続きます。鈴木絢音座長を筆頭に完走して欲しいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする