スポンサーリンク
スポンサーリンク

平手友梨奈の脱退の理由~今後はソロ歌手や女優へ?表現力は唯一無二

スポンサーリンク

欅坂46ファンに衝撃を走らせた平手友梨奈の脱退。卒業ではなく脱退という表現が使われていることに、誰もが注目したことでしょう。

デビュー以来、グループのセンターを守り続けてきた彼女が公式サイトのアナウンスだけでグループから離脱してしまうというのも異例中の異例です。そこが卒業ではなく脱退であることを証明しているのでしょうけど、平手友梨奈本人が脱退となってしまった経緯を語っていないため様々な憶測も飛び交っていますね。

なぜ今「脱退」なのか。彼女のパーソナルな部分も含め自分なりに考察してみます。

出典:https://realsound.jp/2019/09/post-418280.html

スポンサーリンク

平手友梨奈の脱退の理由や表現力の高さ

平手友梨奈と言えば、何と言っても独特な表現力の持ち主です。「サイレントマジョリティー」での圧倒的表現力はアイドルファン以外からも大きな注目を浴びました。反骨精神を持った主人公を見事に表現し切ったのは、当時14歳とは思えないほどの目力や表現力を備えていた平手友梨奈だからこそ出来たことでしょう。

しかし、最年少でセンターを任された彼女にかかった重圧は周りの想像以上でした。「SONGS」に出演した際、平手友梨奈は「「今、すごい自分が嫌なんですよ。パフォーマンスもだし、全部の面を含めて自信がないまま、前に立たせられるのも、私的には自信が付いてから立ちたいし」と発言。この発言から、彼女が相当な完璧主義者であることが分かります。

アイドルが卒業する場合、「やり切った」と思って卒業を決断するのが一般的です。完璧主義な平手友梨奈が卒業を決めるのなら「これ以上はない完璧なパフォーマンスができた!」と思うでしょう。

ですが、平手友梨奈は卒業でなく脱退を選びました。

この過程に欅坂46運営との意見の食い違いなど対立がなかったとは言い切れません。ただ、納得のいくパフォーマンスが出来ず苦しんだ結果、限界を感じてしまったとも考えられます。自身の体調不良から休むことが多かったことも責任感も強い彼女は自分が許せなかったのかもしれません。

関連記事→欅坂46【黒い羊】歌詞の全部僕のせいだに鳥肌!センター平手の表現力
関連記事→欅坂46【アンビバレント】PVと歌詞の共感性の高さが評判!ロケ地も
関連記事→【握手会暴言問題】欅坂46今泉佑唯レーンで起きた嫌がらせから考察
関連記事→シライシ紗トリがシンクロニシティで乃木坂46作曲陣進出!欅坂46・風に吹かれても的神曲

平手友梨奈の表現力は唯一無二です。この表現力を欅坂46で見ることはもう出来ないのは残念ですが、白旗を挙げるまでグループに尽くしてくれたことに感謝ですね。

ソロ歌手や女優の可能性

自身がパーソナリティーを務めている「GIRLS LOCKS!」は引き続き出演するとのことですので、このまま芸能界引退はないようです。となると、脱退後、具体的にどのような活動をするかがポイントですね。

1部報道では、脱退後ソロ歌手に転向するのではないかと出ています。在籍中、欅坂46の表題センターを1度も譲ることなくアイドル活動を終えた平手友梨奈は、「欅坂46の顔」として世間に認知されました。その平手友梨奈がソロ歌手としてデビューをしてもおかしくありません。

また、欅坂46在籍中に映画「響-HIBIKI-」にも出演しました。脱退報道前に撮影の目撃情報もあったことから、女優として活動する可能性も考えられます。

唯一無二の表現力で見るものを魅了した平手友梨奈なだけに、女優としての活動は欅坂46時代の経験を活かせるのではないかと思います。歌詞に出てくる”僕”になり切ったパフォーマンスからしても、女優には向いているのではないでしょうか?

ソロ歌手にしても女優にしても、また平手友梨奈としての姿が見られるのなら大いに期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク