スポンサーリンク

井上小百合の天使と男前のギャップに萌える!私服センスは兄の影響?

スポンサーリンク

乃木坂46の1期生として活躍している井上小百合さん。井上小百合さんというと天使や男前といった対称的な印象があります。つまり、井上小百合さんにはギャップがあるのです。

その井上小百合さんのギャップに惹かれている方も多くいらっしゃいます。女の子らしいビジュアルからは想像つかないような男前さにギャップ萌えしてしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな井上小百合さんのギャップについて取り上げます。

出典:http://www.city-volunteer.metro.tokyo.jp/jp/about/interview/special/index.html

スポンサーリンク

容姿や性格が天使の井上小百合

出典:https://blog.goo.ne.jp/ma2-id-do/e/c79cd9fa37598c627b97210efdc37bfa

序文でも触れましたが、井上小百合さんは乃木坂46ファンの間で「天使」と言われています。その要因はいくつかありますが、まずはかわいらしい容姿でしょう。声もとても印象的で、楽曲でのかわいい歌声はTHE・アイドルという感じです。

吹奏楽部で担当していたというテナーサックスを演奏する姿もまた印象的で、自身愛用の「テナ夫」はネーミングセンスのよさも感じます。このサックス演奏も、井上小百合さんが「天使」と呼ばれる理由の1つでしょう。

NOGIBINGO!での企画から誕生した「さゆレンジャー」の衣装は、「百合の花」と「天使」を モチーフに作られたというエピソードもあります。

このように容姿や特技からも天使の要素がたくさんある井上小百合さんですが、内面的な部分も井上小百合さんが天使と言われる要因があります。それが、井上小百合さんは泣くことが多いということ。

特に印象的なのが「乃木坂って、どこ?」の「乃木坂46写真展」でテーマの「喜怒哀楽」の「喜」の写真を提出しなかったことを設楽さんからつっこまれた時に流した涙。しかし、泣いてしまった井上小百合さんに対し、「泣いても許さないよ。」という設楽さんのドSぶりが発揮されるという乃木どこ名シーン。←なのか?

関連記事→齋藤飛鳥と設楽統の仲良しコンビが面白い!イチャイチャ感が推せるw

井上小百合さん曰く、写真になるくらいの嬉しいことがなかったとのこと。基本的に真面目で一生懸命な井上小百合さんですから、設楽さんの冗談を聞き流せなかったのでしょうね。

設楽さんのドS発言って、さらっと言うから面白いんですよねー。直近ではクイズ大会で活躍できずに情けないと反省する向井葉月さんに「向井はほんとに情けないな。」とイジるシーンもありましたが、こういった設楽さんのドS発言は今後もどんどん飛び出て欲しいです。笑

男前な一面もありギャップ萌え

出典:https://ameblo.jp/nmbnogi4846/entry-12228453658.html

このように「天使」と言われることの多い井上小百合さんですが、逆に「男前」と言われることも多いです。

5人兄弟で3人の兄を持つ井上小百合さんは、その3人の兄とよく遊んでいたそうです。乃木坂46ファンには有名であろう戦隊モノ好きというのも、兄の影響でした。子供の頃、兄とよく戦隊モノごっこをしていたとか。

つまり、前途したNOGIBINGO!での「さゆレンジャー」も、兄の存在がなければ誕生していなかったということになりますね。実際、シロンジョ様との戦闘シーンなんかを見ていても、やり慣れてる感があります。

他にも、ジェットコースター好きや探求心が強いのも兄の影響と語っています。そのため、登山好きでもあります。女性登山家は「山女」とか近年ではファッション性重視で登山する女性を「山ガール」と呼んだりしてますが、戦隊モノ好き含め、全体的に趣味が男子っぽいですよね。

また、井上小百合さんが「男前」と言われる要因は、「天使」同様こちらも内面的な部分も関係しています。それが、毒舌キャラ。

例えば、「乃木坂工事中」での企画「14thシングルヒット祈願inグアム」。乃木坂46メンバーが海で浮輪相撲をした際、衛藤美彩さん、松村沙友理さん、そして井上小百合さんの3人で対戦をしたのですが、パッと見1番弱そうな井上小百合さんは、「2対1になった方がいいよ。」という設楽さんの助言もあり衛藤さん、松村さんは井上小百合さんを集中攻撃することに。

ところがそんな不利の状況の中、井上小百合さんは衛藤さんと松村さんを海に落とし見事勝利。

そこで、負けた2人に向けて井上小百合さんが放ったのが

「ざまあみろ!」

これは、インパクト大でしたよね。めっちゃ面白かったですがww

関連記事→【乃木坂工事中バレンタイン】齋藤飛鳥のかわいい涙!与田登場で遂に?
関連記事→乃木坂工事中 齋藤飛鳥の名場面2017 爆笑シーンや母譲りの天然な一面も
関連記事→乃木坂工事中 生駒里奈が20th登山ヒット祈願で残した名言に感動!尊敬しかない
関連記事→【乃木坂工事中】若月&井上から生駒里奈への手紙に涙!犬メンの絆と今後
関連記事→【乃木坂46】衛藤美彩の野球好きは兄の影響?キャスターや始球式の評判も

井上小百合さんの男前発言エピソードは他にもあります。↑で触れた戦隊モノ好きということから「アメトーーク!」の企画「スーパー戦隊大好き芸人」に出演した際には、戦隊モノに出てくるキャラをコイツ呼ばわりした場面も。

また、NOGIBINGO!での「さゆレンジャー」で自身の出身地である埼玉県の名物「深谷ねぎ」を登場させたことを「SCHOOL OF LOCK!」でとーやま校長ことグランジ・遠山大輔さんからイジられた際には「ふざけるなって思ってます。」と冗談ながらも毒舌キャラを炸裂。

他にも、秋元真夏を「嘘つきクソ野郎」、斉藤優里を「変態出っ歯番長」など、乃木坂46メンバーに対しても毒舌キャラを発揮しています。まぁ、ここらへんはもはやただの悪口ですが(笑)もちろん井上小百合さん本人に悪気はありません。

こういった言葉遣いが荒く口が悪い一面も、恐らく兄とよく遊んでいたことが影響していると思われます。

私服は兄のおさがりだった

出典:http://nogizaka46-joho.com/inouesayuri-profile-987

こうして、天使と男前というギャップで乃木坂46ファンを魅了している井上小百合さん。そのギャップは私服にも表れていました。

「乃木坂工事中」で乃木坂46の4周年を記念した企画「5年目に向けて今だからこそ ミンナに伝えたい授業」では実は、かわいいものが苦手だという井上小百合さん。それは私服にも言えることで、かわいい服を着ることが苦手だと語りました。何しろ、肌を絶対見せたくないとのこと。

しかし、井上小百合さんといえばビジュアル同様、私服も女の子っぽいという印象を抱いていた乃木坂46ファンの方は結構いたのではないでしょうか。というのも、個握などで着ている私服はいわゆるかわいい系の私服が多いです。「乃木坂って、どこ?」での私服チェック企画ではかわいい緑色のワンピース姿を披露していました。

ですが、そのワンピースはなんと上京時に母親から買ってもらったものの、1回しか着たことがなかったと判明。実際はこういったかわいい服を着るのは恥ずかしいとのこと。

更には、兄の私服を高校へ入学するまで着ていたというエピソードまで。まさかの兄のおさがりを着ていたのです。

その時紹介された兄のおさがりを着ている写真には、Tシャツに柄シャツを羽織ったジーンズ姿の井上小百合さんが。これには、乃木坂46メンバーやMCのバナナマンさんも相当驚いてましたね。

要するに、井上小百合さんはほんとは苦手なかわいい服をアイドルという自分の職業から無理して着ていたようです。井上小百合さんのイメージを考えると意外です。

ですが、趣味や言葉遣い同様、私服も兄の影響が出ていたと考えると納得です。

かわいいのが苦手としつつも、実際には年齢とともにより女性らしい服を着こなしてるようにも感じますが、「乃木坂工事中」の私服コレクションでは女子らしさがありつつも設楽さんが言っていたようにスポーティーな私服を披露。2018年2月更新の自身のブログに私服を紹介した際も、相変わらず楽チンなのが好きという文章とともにカジュアルな私服を紹介しました。

やはり、兄と遊んでいたことや兄のおさがりを着ていたことは、井上小百合さんの今現在の私服の趣向にも大きく影響しているようです。

まとめ

今回は「天使」と「男前」といった対照的な魅力を持つ井上小百合さんのギャップについてまとめました。

実は、アイドルという職業から無理してかわいい洋服を着ていた井上小百合さん。

そうなると、井上小百合=天使はある意味井上小百合さん自身が演出していたとも取れます。

ただ、こういった彼女の努力家な一面も、井上小百合さんが天使と呼ばれる一因なんですよね。

また、天使や男前とすでに幅広い魅力のある井上小百合さんですが、演技力にも定評があります。井上小百合の可能性はまだまだ秘めていそうですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする