スポンサーリンク
スポンサーリンク

北野日奈子 23rd選抜復帰と初福神を祝福!ダンス力でフロント入りへの坂

スポンサーリンク

乃木坂46の2期生が加入して6年。2期生メンバーがなかなか選抜入りしないことから、2期生不遇といった言葉も乃木坂46ファンの間で生まれました。

しかし、23rdシングル「Sing Out!」では2期生が5人選抜され、23rd時点では過去最多となりました。そして、2017年11月16日に活動休止を発表し、21stシングル「ジコチューで行こう!」から活動を再開した北野日奈子も「いつかできるから今日できる」以来4作ぶりに選抜復帰。初めて福神にも選ばれました。

今回は、そんな北野日奈子の23rd選抜復帰と初福神を祝うとともに、今後のポジションやフロント入りの可能性を考えていきます。

出典:https://realsound.jp/2019/01/post-305428.html

スポンサーリンク

4作ぶりの選抜復帰と初福神入りを果たした北野日奈子

出典:http://nogizaka46matomenoma.blog.jp/archives/79580773.html

4月21日に放送された「乃木坂工事中」の中で発表された23rdシングル選抜発表で、北野日奈子が復帰後初の選抜に選ばれたことが判明しました。北野日奈子にとって6度目の選抜入り、そして初の福神入りです。

選抜発表でのコメントでは『復帰してから3枚目のシングルで選抜に選んでもらうことは、ほんとにすごく嬉しいし初めての2列目でどんな景色が待ってるのかもワクワクするんですけど、休業してる間に乃木坂46のことがほんとに好きになって、「もっとこのメンバーと一緒に頑張りたい」って心から思えたので、乃木坂46を引っ張っていって守っていけるようなメンバーになれるように頑張っていきたいと思います』と選抜復帰や初の福神入りを喜ぶと同時に、選抜・福神として活動することへの意気込みを熱く語っていました。

関連記事→乃木坂46歴代センター(1st~23rd)まとめ!楽曲の感想や考察も
関連記事→【乃木坂46】2期生をアンダーに隠す運営の意図~選抜渋滞を改めて痛感
関連記事→【乃木坂46】21stは堀未央奈センター?鈴木絢音選抜で2期生の波が遂に来る?

この北野日奈子のコメントは、多くの乃木坂46が感動したのではないでしょうか。2期生が選抜・福神入りしたということももちろんありますし、何より彼女自身が無事復帰を果たし、こうして前向きに活動してくれていることはこの上ない喜びを感じます。



復帰への熱い思い

2017年夏頃より体調不良で1部の活動を休止していた北野日奈子でしたが、11月16日に正式に休業を発表。その際、彼女は「完治、完全復活ということが難しいものなのかもしれませんが、今よりも状態が良くなったらすぐに戻ります」と復帰を前向きに考えていることをブログに綴りました。同時に、休業中もブログの更新は可能な範囲でしていくことも宣言。

ブログの更新は強制ではありません。更新頻度も当然自由であるため、メンバーによって更新頻度はバラバラです。ましてや、休業中のブログ更新は出来なくて当たり前というのが普通でしょう。

にも関わらず、北野日奈子は宣言通り、休業期間中もブログを更新しました。このことから、彼女がどれだけ乃木坂46に対し熱い思いを抱いているかが分かりますね。

関連記事→【乃木坂46】北野日奈子の復帰が近い?スカウトマンPV登場で期待高まる

「北野なら今の乃木坂46を任せられる。」

23rdでの選抜復帰と初福神は、運営がそう判断した結果のような気がしてなりません。

ダンス力の成長

北野日奈子というと、「らじらー! サンデー」で中元日芽香からダンスが苦手と言われたり、北野日奈子本人も自身が座長を務めたアンダーライブでのVTRの中で「ダンスが苦手だった」と語ったりと、自他ともに認めるダンスが苦手なメンバーの1人でした。

ですが、「ライブでのダンスや歌では前よりもその時の感情を表現できるように少しはなれた」とブログで語っていたように、北野日奈子のダンス力は大きく成長。自身がセンターを務めた22ndアンダー楽曲「日常」ではキレキレのかっこいいダンスで楽曲の世界観を見事に表現しました。

関連記事→乃木坂46アンダーライブ2018東京セトリまとめ!寺田蘭世の根性に圧倒
関連記事→乃木坂46【日常】歌詞とギターがかっこいい!センター北野日奈子の代表曲確定?
関連記事→乃木坂46【日常PV】岩本蓮加フロント&主人公感!ダンスもかっこいい

また、「ダンスが苦手だった」というVTRを流したアンダーライブでは、ソロダンスを披露しオーディエンスを魅了。とてもダンスが苦手だったメンバーには思えないくらいの圧巻のパフォーマンス力でしたね。

これは当然、北野日奈子の努力の結果です。その努力と熱い思いがこもったダンスなのですから、オーディエンスを惹きつけないわけがありません。



23rdでの活躍からフロント入りの可能性も

乃木坂46は選抜渋滞とセンター渋滞が発生しています。4期生も加入し、若手の選抜争いもさらに激化していくでしょう。

関連記事→乃木坂46【キャラバンは眠らない】若手もセンター渋滞!歌詞の直球さもよき
関連記事→【乃木坂46】若手の選抜争い勃発?4期生加入でフロント入替の可能性

実際、1期生を中心としたメンバーの相次ぐ卒業で、選抜メンバーの顔触れもだいぶ変わってきました。今のフロントが大きく入れ替わるのも、そう遠くはない将来であると思われます。23rdシングル「Sing Out!」では、デビュー以来初めて1期生の選抜人数が選抜全体の過半数を割りましたが、今後1期生の割合はもっと減っていくでしょう。

そうした中で、アンダー、選抜、福神と様々なポジションを経験してきた北野日奈子の存在は、乃木坂46の後輩育成においてとても重要な役割を果たすのではないかと思います。

また、北野日奈子の選抜復帰と初福神とともに、23rdでは同じく2期生の渡辺みり愛も初選抜を果たしています。ここで北野日奈子に期待すべきは、2期生の選抜率アップです。現実的にそう簡単なことではないかもしれませんが、23rdでの北野日奈子の活躍次第で状況は変わるのではないでしょうか。

プレッシャーをかけているようにも聞こえてしまうかもしれませんが、今の北野日奈子ならその役割を十分果たせると思います。それが出来れば、北野日奈子自身のフロント入りも夢ではないはず。

そう考えると、北野日奈子の23rdでの活動に期待せずにはいられません。



まとめ

今回は、そんな北野日奈子の23rd選抜復帰と初福神を祝うとともに、今後のポジションやフロント入りの可能性について考察しました。

選抜復帰と初福神を果たした23rdは、北野日奈子にとって非常に重要なシングルとなることでしょう。ダンス力を上げた彼女が表題曲のフロントに立つ日も現実化してきているのではないかと思います。

北野日奈子の今後の活動に要注目ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク