スポンサーリンク
スポンサーリンク

【坂道AKB】初恋ドアで新境地!山下美月センターと作曲Akira Sunset

スポンサーリンク

2019年3月13日にリリースされるAKB48の55thシングル「ジワるDAYS」。そのType Bに収録される坂道AKB「初恋ドア」の音源とPVがAKB48の公式YouTubeにて解禁されました。乃木坂AKBの派生ユニットとして2017年にスタートした坂道AKBも今回で3度目となります。

企画自体には賛否両論ありながらも、楽曲は毎回神曲と評判の坂道AKB。今回の「初恋ドア」はこれまでとは違う系統でしたね。楽曲の評判はいかに…?

出典:https://www.asahi.com/and_M/entertainment/ent_476944/

スポンサーリンク

山下美月センターで新境地?坂道AKB「初恋ドア」

「誰のことを一番 愛してる?」と「国境のない時代」はどちらかというと坂道グループ寄りのクールでかっこいい曲調でしたが、今回の「初恋ドア」はこれまでの路線とは違い王道アイドルソング。AKB48寄りな楽曲となっています。故に、前作までの路線を好んでいたファンからは若干戸惑っている印象も受けました。

そんな坂道AKBの新境地ともいえるであろう「初恋ドア」でセンターを務めているのは乃木坂46の山下美月さん。坂道AKBの楽曲で乃木坂46メンバーがセンターを務めるのは今回が初です。

関連記事→坂道AKB(2019)センター&選抜予想!小坂菜緒らけやき坂46が有力か
関連記事→坂道AKBに大園桃子ら乃木坂3期生?次世代選抜で前作の評判を超えた?
関連記事→【坂道AKB】生駒里奈センターで見たい乃木坂らしさ 平手との絡みも?
関連記事→坂道AKB 国境のない時代は神曲!PVのマネキン振り付けとイントロのB’z感
関連記事→乃木坂46 山下美月のあざといキャラは秋元真夏以上?次世代釣り師の魅力

PVではとにかくアイドル感満載なセンター山下美月さん。両サイドには小栗有以さんと岡部麟さんというAKB48の若手メンバーがいるわけですが、このフォーメーションがまったく違和感ありませんね。山下美月っていつからAKB48になったの?ってくらい溶け込んでいます。

乃木坂46加入当初からAKB48の要素もあると言われてきた山下美月さんだけに、彼女がAKB48メンバーをはさんでセンターに立つというのは必然的な気がしますし、個人的にはこの曲を坂道AKBでやるのは意味があるように感じます。楽曲の世界観と山下美月さんの魅力がハマっていて、センターポジションにいる山下美月がしっくりきます!



作曲Akira Sunsetの意外性

AKB48寄りの路線でこれまでの坂道AKBとは違った世界観を見せている「初恋ドア」ですが、作曲はAkira Sunsetさん(野口大志さんと共作)。

そうです、あのAkira Sunsetさんが「初恋ドア」の作曲をしているのです!Akira Sunsetさんは乃木坂ファンにはもはや説明不要ですよね?

「気づいたら片想い」、「今、話したい誰かがいる」、「いつかできるから今日できる」などのしっとりとしたシングル表題曲から「ダンケシェーン」や「そんなバカな…」など乃木坂46の楽曲を数多く手掛けている乃木坂46の主力作曲家の1人です。今回、Akira Sunsetさんと共作をした野口大志さんは22ndアンダー「日常」でもAkira Sunsetさんと共作をしているので、「初恋ドア」は「日常」コンビということになりますね。

関連記事→乃木坂46【日常】歌詞とギターがかっこいい!センター北野日奈子の代表曲確定?
関連記事→乃木坂46【帰り道は遠回りしたくなる】歌詞とAkira Sunset的乃木坂らしさ

欅坂46でも「手を繋いで帰ろうか」や「夕陽1/3」の作曲をしており、坂道グループとは縁の深い作曲家です。

そんな坂道グループと縁の深いAkira Sunsetさんが作曲をしているにも関わらず、坂道感のない「初恋ドア」。やはり、賛否両論ですね。確かに、曲調的にはAKB48寄りの路線です。

しかし、よーく聴いてみるとAkira Sunset節炸裂してませんか?AメロとかめっちゃAkira Sunsetさん作曲だなって感じがするんですが。。

「誰のことを一番 愛してる?」と「国境のない時代」坂道感強めの中に48の要素を足していたという感じでしたが、「初恋ドア」は48感強めの中に坂道要素を足したみたいな感じですかね。要するに、これまでと割合が逆転したことになります。

そこが賛否両論の要因だと思うんですけど、これでやっと両者が混ざり合ったと言えるのではないでしょうか。個人的には、これまでの坂道AKBの楽曲の中で1番好きかもしれません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする