スポンサーリンク

乃木坂46個握欠席の謎~白石麻衣や西野七瀬の復帰や運営の意図は?

スポンサーリンク

17th「インフルエンサー」以降続いている乃木坂46の1部メンバーによる個握(個別握手会)欠席。「インフルエンサー」の個握の詳細が発表された時は、白石麻衣さん、松村沙友理さん、生田絵梨花さんという人気メンバーが全日程欠席するという状況に乃木坂46ファンに衝撃が走りました。

それ以降も、白石麻衣さんや西野七瀬さんら人気メンバーが次々と個握を欠席するという現状。

もはや1部メンバーの個握欠席には驚かなくなりましたが、それでもやはり謎が残りますよね。運営の意図は何なのでしょうか?

出典:http://blog.nogizaka46.com/staff/smph/2012/09/006962.php

スポンサーリンク

個握欠席が続く1部の乃木坂46メンバー

「インフルエンサー」以降、もはや普通となってきている乃木坂46の1部メンバーの個握欠席。3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」では、白石麻衣さん、松村沙友理さん、生田絵梨花さんに続き、西野七瀬さんも全欠席となりました。

ちなみに、生田絵梨花さんに関しては調整中としていた運営からの報告はなしで、いくちゃん本人からモバメで報告があったという…。笑

その後リリースされたシングルでは、生田絵梨花さんや松村沙友理さんは1部の会場でのみ参加しました。ですが、その後も桜井玲香さんや秋元真夏さんなど選抜常連を中心とした1部のメンバー個握欠席は続きます。

関連記事→乃木坂46【ジコチューでいこう!】の評判!タイトルや曲調がAKB48っぽい?
関連記事→乃木坂46ジコチューで行こう!PVのダンスとロケ地!中村太洸監督のセンス光る
関連記事→乃木坂46【心のモノローグ】白西版青春アミーゴ?歌詞の評判や感想も
関連記事→乃木坂46【心のモノローグPV】白石麻衣の演技力に圧倒!黒石さん怖すぎw

21st「ジコチューで行こう!」では、秋元真夏さん、白石麻衣さん、西野七瀬さん、若月佑美さんが1次受付時点で全欠席を発表。1次受付時点で調整中とされていた衛藤美彩さん、松村沙友理さんは15次受付時点でも参加の告知はなし。

これはもう、21stは欠席とみた方がよさそうですよね…。

これらの個握欠席の理由について、乃木坂46運営は「スケジュールの都合」としています。実際、個握を欠席したメンバーの中には欠席理由であろうスケジュールが明確であるメンバーもいます。(「インフルエンサー」個握全欠席の生田絵梨花さんは、個握と同時期上演の舞台「レ・ミゼラブル」に出演)。

しかし、個握欠席が続いているメンバーの中には欠席理由が明確でない人も。1年以上個握欠席が続いている白石麻衣さんや西野七瀬さんは、現時点でその欠席理由が明確ではありません。個握欠席組は個人仕事が多いものの、個握開催中にドラマや映画などが公開されたりということがないからです。

運営の意図は?

明確な理由が明かされないまま1部メンバーの個握欠席が続いている状況から、乃木坂46ファンの間では様々な憶測が飛び交っています。最初に全欠席となった白石麻衣さん、松村沙友理さん、生田絵梨花さんが個握の券を400部完売していたことから、個握の券を400部完売を達成すると個握参加が免除になるという説も出ました。

実際、この説はあり得ます。ですが、仮に400部達成=免除だとしても、運営が無条件に免除をするとはちょっと思えないんですよね。

白石麻衣さんや西野七瀬さんは乃木坂46の稼ぎ頭です。個握を欠席させるのって普通に考えれば運営側のメリットってないはずなんですよ。

前途したように、個握欠席が続いているメンバーは開催時期に大きな個人仕事が入っているとは限りません。ですが、確実に個人仕事が多いメンバーであるのは事実。

実際、個握開催時期でなくても個握欠席組は個人で大きな仕事を掴んでます。白石麻衣さんは月9「絶対零度」8話にゲスト出演しましたし、西野七瀬さんは「土曜ドラマ24 電影少女 〜VIDEO GIRL AI 2018〜」で主演を果たしました。他にも、松村沙友理さんは石原さとみさん主演の「アンナチュラル」2話にゲスト出演、2019年には「賭ケグルイ Season2」にユメミ役で出演することが決定しています。

関連記事→やれたかも委員会 白石麻衣のメガネ姿の評判!佐藤二朗と共演で演技力UP?
関連記事→【やれたかも委員会】第1話感想まとめ~月綾子のクールキャラの評判!

秋元真夏さんなんかも、バラエティにゲストで出演する機会が増えていますよね。

このように、乃木坂46運営は、メンバーの個人仕事を大切にしていることが分かります。

ドラマや映画、舞台はオーディションで決まる可能性が高いです。ですが、グループの仕事を最優先していると、特に仕事量の多い選抜メンバーはオーディションを受ける時間は限られてしまいます。逆に言えば、個人のオーディションを優先すれば、乃木坂46としての活動に支障が出る可能性があります。

関連記事→乃木坂46白石麻衣全ツ欠席を惜しむ声~運営の意図やアイドルの本業を改めて考察

関連記事にもありますが、元HKT48の山田麻莉奈さんは、HKT48にいると自由にオーディションを受けられないことに葛藤した結果、グループからの卒業を決意しました。つまり、グループとしての活動を最優先すると、メンバーの卒業時期を早めてしまうかもしれないというデメリットも存在することになります。

乃木坂46運営がもしこういった問題を考慮して、1部のメンバーを欠席にさせているのであれば、運営は実はメンバーを大切にしているとも取れます。というか、合理的なんですよね。グループ在籍中に得た個人仕事はグループ全体のメリットにつながる可能性もありますし。

所属事務所がバラバラな48グループと違い、乃木坂46は全員が「乃木坂46合同会社」に所属してるわけですから、個人仕事の利益も…。

要するに、個人仕事を優先させる代わり、少しでも乃木坂46に貢献していてね!という乃木坂46運営からのある種の圧力なのかもしれないという気もします。

白石麻衣、西野七瀬らの個握復帰はあるか

https://twitter.com/otakier/status/1044118921345810432

そう考えると、個欠席が続いているメンバーの個握復帰は難しいかもしれません。ただ、2018年内で乃木坂46からの卒業を発表している西野七瀬さんには、最後に個握に復帰してほしいという声もあります。

関連記事→【乃木坂46】22ndセンター西野七瀬について「命は美しい」的神曲の再来?

これに関しては、個握の日程次第ですよね。年内で乃木坂46としての活動は終了するということですから、とりあえず2018年中に個握が開催されなければ、西野七瀬さんの個握復帰は難しいのではないかと思われます。

というか、この流れだと個握復帰どころか全握すら厳しいですよね。もしかしたら、「ジコチューで行こう!」の12月23日のインテックスが西野七瀬さんの最後の全握になる可能性も…?

こりゃ相当込みますね。しかも、インテックスって場所も狭いから列も外まではみ出るでしょうし…。

西野七瀬さんは今回の卒業を1年以上運営と話し合っていたようですが、実際どのタイミングで決定したかも分からないですよね。22ndの楽曲や選抜、個握調整をした後に卒業が確定した可能性もありますし。

そうなると、やはり西野七瀬さんの個握復帰は厳しいですかね。

若干話反れましたが、とりあえず「ジコチューで行こう!」の全握には参加してくれる可能性が高いです。1人でも多くの方が西野七瀬さん本人に「卒業おめでとう」を伝えられたらいいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする