スポンサーリンク
スポンサーリンク

【乃木坂46】7thバスラ初日セトリまとめ!白石松村の孤独兄弟の評判

スポンサーリンク

2019年2月21日~24日まで京セラドーム大阪にて開催される乃木坂46の7thバスラ「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」。その初日が無事終了いたしました。

2018年の6thバスラではバスラ名物の全曲披露に終止符が打たれましたが、7thバスラでは再び全曲披露が実施されると初日開催前日に乃木坂46公式サイトにてアナウンスが。これはめっちゃ嬉しい朗報でしたね!

今回は、乃木坂46の7thバスラ初日のセトリをまとめていきます。

出典:https://abematimes.com/posts/3922293

スポンサーリンク

乃木坂46 7thバスラ初日セトリまとめ

M00 OVERTURE
M01 ぐるぐるカーテン
M02 左胸の勇気
M03 白い雲にのって
M04 失いたくないから
M05 乃木坂の詩

MC

M06 おいでシャンプー
M07 ハウス!
M08 心の薬
M09 水玉模様
M10 狼に口笛を
M11 偶然を言い訳にして
M12 走れ!Bicycle
M13 人はなぜ走るのか?
M14 音が出ないギター
M15 涙がまだ悲しみだった頃
M16 海流の島よ
M17 制服のマネキン

MC

M18 指望遠鏡
M19 ここじゃないどこか
M20 渋谷ブルース
M21 光合成希望
M22 君の名は希望

MC

M23 サイコキネシスの可能性(4期生パフォーマンス)
M24 ロマンティックいか焼き
M25 シャキイズム
M26 13日の金曜日
M27 でこぴん

MC

M28 ガールズルール
M29 人間という楽器
M30 扇風機
M31 世界で一番孤独なLover
M32 コウモリよ
M33 バレッタ
M34 月の大きさ

MC

M35 初恋の人を今でも
M36 私のために 誰かのために
M37 そんなバカな・・・
M38 ダンケシェーン
M39 孤独兄弟
M40 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M41 その先の出口
M42 ここにいる理由

アンコール

EN1 シンクロニシティ
EN2 裸足でSummer

MC

EN3 乃木坂の詩

以上が、乃木坂46の7thバスラ初日セトリまとめです。序文でも触れたように、今回の7thバスラでは2年ぶりに全曲披露が復活しました。また、橋本奈々未の卒コンも兼ねていた5thバスラはリリース順での披露ではなかったため、リリース順でのセトリになってるのは4thバスラ以来となります。

乃木坂46公式サイトにもあったように、乃木坂46が2019年の7thバスラ開催時点で発表した楽曲は合計177曲。年々曲数が増えてきていますから全曲披露はかなり大変だと思うんですが、やはり全曲披露っていいですよね!

関連記事→【乃木坂46】5thバスラDVD/BR先着特典の人気ショップは?過去の評判も
関連記事→乃木坂46【5thバスラDVD/BR特典】予告編だけで泣ける!橋本奈々未の偉大さ
関連記事→乃木坂46神宮&秩父宮6thバスラ初日セトリまとめ~全曲披露遂に終止符?
関連記事→乃木坂46神宮&秩父宮6thバスラ2日目セトリまとめ~アンコールで黒石さん発動
関連記事→【乃木坂46】6thバスラ千秋楽セトリまとめ~ぐるぐるカーテンを外した理由は?
関連記事→【乃木坂46バスラ】シンクロニシティライブの問題を考察~7thへの期待も

全曲披露だと全ツとかではセトリに入らないレア曲が披露されるからいいいですよね。6thバスラで全曲披露がなくなってしまった時、「渋谷ブルース」とかまいやんかかずみんの卒コンくらいでしか披露される機会ないかもって思ってたんですけど、全曲披露ってことでやってくれました。

でも、やるならろってぃーの後任を葉月がやってくれたら…と思っていたのでよかったです。今回は、「真夏の果実」ではありませんでしたww

からの、「光合成希望」でまさかの西野七瀬登場のサプライズ!これは嬉しすぎるサプライズでしたね。。というか、不意打ちのたかせまるに会場が涙で包まれましたよ。

関連記事→乃木坂46最強コンビ【たかせまる】の魅力と伝説を改めて語ろう
関連記事→乃木坂46西野七瀬ドキュメンタリー~高山一実の表情とごめんねずっとに涙
関連記事→乃木坂46西野七瀬卒コンの会場と日程予想!7thバスラとの絡みは?

1コーラス目の途中でかずみんではない聞き覚えのある声がしてきたと思ったら、まさかのなぁちゃん登場というね。てか、たかせまるのデュエット自体レアすぎませんか?そもそも、たかせまるのオリジナル曲自体ないのに。

今更ですけど、たかせまるのユニット曲作って欲しかったですねぇ。



白石麻衣と松村沙友理の「孤独兄弟」もアツい

今回の7thバスラでもう1つ特筆しておきたいのが、白石麻衣と松村沙友理による「孤独兄弟」。これも、エモいっすね!

白石麻衣と橋本奈々未という双璧の関係とも言える2人のユニット曲だけに、もう2度とオリメンでの披露はないであろう「孤独兄弟」。おそらく、まいやんの卒コンとかでも白石麻衣と橋本奈々未による「孤独兄弟」を見ることは出来ませんよね、きっと。

5thバスラの時に白石橋本の「孤独兄弟」は見納めだって思いながら観てましたけど、橋本奈々未以外の誰かとやる「孤独兄弟」は想像つかなかったんですよね。ななみん以外のメンバーが入った時点で「孤独兄弟」が「孤独兄弟」でなくなるというか、まったくのベツモノとなってしまう気がしましてね。。

ですが、白石麻衣と松村沙友理の「孤独兄弟」は間違いなく「孤独兄弟」でした!←語彙力

関連記事→【乃木坂46】橋本奈々未は永遠に御三家!齋藤飛鳥や西野七瀬ではない理由
関連記事→乃木坂46白石麻衣&松村沙友理のバカップルの友情!感動エピソードも

やはり、御三家の穴は御三家が埋めてこそなんですよね。今回、白石麻衣の隣にいたのが松村沙友理でよかったと心から思います。御三家の偉大さを改めて感じることも出来ました。

しかも、曲が終わった後2人が手をつないで捌けていったし、もう…さゆまい!バカップル…!って感じです。橋本奈々未の代役に松村沙友理を選んでくれてありがとう!



まとめ

今回は、乃木坂46の7thバスラ初日のセトリをまとめました。全曲披露が事前に公表されていた以上、意外性あるセトリではなかったものの、エモさ溢れるバスラ初日だったのではないでしょうか。これも、全曲披露が復帰したからこそですね。

全曲披露はメンバーのエネルギーもめっちゃ消耗してしまうとは思いますが、出来れば続けて欲しいですね。

まとめると、最高の7thバスラ初日でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク