スポンサーリンク
スポンサーリンク

乃木坂46「平行線」で大園桃子がセンター復帰!歌詞やソロパートもかわいい

スポンサーリンク

2019年5月29日に発売される乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」。その初回仕様限定盤Type-Cに収録される「平行線」が「沈黙の金曜日」にて解禁されました。

「平行線」は、岩本蓮加・大園桃子・久保史緒里・阪口珠美・与田祐希による3期生ユニット曲。そのメンツに相応しく疾走感あふれるアイドル感満載の可愛い曲で評判となっています。そして、センターは大園桃子。久々にセンター復帰となりました。

今回のその乃木坂46「平行線」の歌詞や大園桃子センターの評判についてみていきます。

出典:https://web-zine.net/793

スポンサーリンク

乃木坂46「平行線」歌詞や曲の感想

「平行線」は片想いをしている男子の恋心を綴った歌詞です。歌詞冒頭から「自転車」というワードが出てきたり、2番の歌詞にはAKB48の楽曲「片想いファンタジー」というワードも出てくるなど秋元康節が炸裂した歌詞となっています。ストーリー性が強く、1曲を通して1つの物語になっているのも秋元先生らしいですね。

関連記事→乃木坂46【平行線PV】大園桃子のダンス&表現力!逸材と改めて実感

元々放送作家としてデビューした秋元先生。ストーリー仕立ての歌詞は、そんな秋元先生自身のルーツと言っても過言ではないでしょう。

乃木坂46の楽曲にもストーリー性の強い歌詞が多数ありますね。直近だと乃木坂46ファンの中でも特に評判となった「ありがちな恋愛」もその類いです。

関連記事→ありがちな恋愛 杉山勝彦の新たな神曲!センター白石飛鳥の歌割りも泣ける
関連記事→【Sing Out!】歌詞と脱・乃木坂らしさを図る意味~コールは無用?
関連記事→Sing Out!-PV 振り付けや衣装の色の意味~高山一実の笑顔もよき
関連記事→乃木坂 Am I loving?のかわいい歌詞&歌声とTWICE感!PVは?
関連記事→滑走路(乃木坂46)センター寺田蘭世の爽やかな歌詞と曲調いいね!

”どうしてだろう? こんな風が気持ちいい 今生きている””交わらないから永遠なんだ”

この歌詞からは、結ばれなくとも全力で恋に夢中になることは素敵なんだという前向きなメッセージが伝わってきます。片想いしている女の子が乗っている電車を自転車で必死に追いかけるも、結局電車に追い越されてしまう。結局初恋は実らないというちょっぴり切ない歌詞でもあるんですが、その切なさが青春感をより表現しています。

歌詞の中では2人が結ばれること無く完結していますが、この2人に結ばれて欲しいですよね。歌詞に出てくる主人公の男子を思わず応援したくなってくるから秋元康はやはりすごいです。



センター復帰した大園桃子のソロパートがかわいい

「滑走路」でセンターを務めているのは、大園桃子。大園桃子は、与田祐希とWセンターを務めた「女は一人じゃ眠れない」(同じく、与田祐希とWセンターを務めた表題曲「逃げ水」の共通カップリング)以来5作ぶり、約2年ぶりのセンター復帰となりました。

このセンター復帰はファンにとっては当然嬉しいニュースですよね。表題曲でなくても、推しメンがセンターを務めるのは嬉しいものです。

そして、印象的なのが大園桃子のソロパート。大園桃子のソロパートから曲が始まっており、それがまたとてもいい感じです。何より歌声がかわいい!

片想いをする男子を描いた歌詞自体もかわいいのですが、曲冒頭の大園桃子のソロパートがそのかわいい世界観を見事に表現しており、曲の世界観をしっかり作り上げています。

関連記事→乃木坂46 言霊砲 久保山下の歌唱力と大園与田のかわいい歌声!アニソン的神曲
関連記事→乃木坂46【地球が丸いなら】かわいい歌声に癒される!齋藤飛鳥の高音いいね
関連記事→乃木坂46【地球が丸いならPV】方言がかわいい!齋藤飛鳥の制服も似合う

大園桃子の歌声(というか地声もですが)は非常にハスキーで、中元日芽香(ひめたん)のようないわゆるアイドルらしい元気な歌声とはちょっと違いますよね。そのハスキーさが聴いてるとクセになります。もちろん、大園桃子の歌声もかわいいことには変わりないのですが、独特の魅力を感じる歌声です。

そして、そんなハスキーさもある歌声が、今回の「滑走路」の歌詞や曲の世界観と実にマッチしています。「滑走路」が大園桃子のソロパートから始まっているのは正解でしょう。

当然、「滑走路」での大園桃子のセンター復帰も大正解です。

曲を聴いてPVがより楽しみになりました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク