スポンサーリンク
スポンサーリンク

白石麻衣の歌声の魅力~かわいいだけじゃない乃木坂エースの歌唱力

スポンサーリンク

顔、スタイルとその美しい容姿が性別問わずに支持されている白石麻衣。

2nd写真集「パスポート」は累計発行部数35万部という異例の大ヒットを記録し、乃木坂46=女性人気が高いというイメージを決定づけた人物であるでしょう。実際、「パスポート」の購入者は女性の割合も高く、女性からみても魅力的というのは現代のアイドル業界において大きな武器です。

しかし、白石麻衣の魅力はそれだけではありません。歌声もとても魅力的なのです。

そこで今回は、乃木坂のエース・白石麻衣の歌声の魅力や歌唱力に迫っていきます。

出典:http://nogizaka46.officeblog.jp/archives/10845880.html

スポンサーリンク

白石麻衣の魅力・音楽に対する姿勢とかわいい容姿の共存

乃木坂46では、グループの歌唱力を引っ張っている生田絵梨花さんが音大に通っていたことが有名ですが、白石麻衣さんも音楽の専門学校に通っていました。中1の時に音楽好きだったことから吹奏楽部への入部経験もあったりと、元々音楽に興味があったようです。

専門学校では歌のレッスンはもちろん、リスニングや音楽理論など音楽に関する知識を学び、SPEEDやPerfumeのようなグループを目標としていたとのこと。ですが、専門学校の担任講師から乃木坂46のオーディション受験を勧められ、乃木坂46の1期生オーディションを受けました。

このように、乃木坂・白石麻衣のルーツはアイドルではなく音楽なのです。2018年7月20日放送の「another sky-アナザースカイ-」では「作詞がしたい」と発言し、1stフォトブック「MAI STYLE」の発売記念イベントでは「お仕事の面では歌が好きなので、5人くらいでユニットを組めたらいいなと思います」と語っていた白石麻衣。こういった彼女の発言からは、音楽への熱い思いや姿勢が垣間見れます。

「アイドル=かわいい」

アイドルの魅力の根底はそこであり、そこに関しては白石麻衣も当然例外ではありません。しかし、白石麻衣の魅力はそれだけではないのです。歌唱力や音楽に対する姿勢が必ずしも重視されるわけではないアイドル業界の中、乃木坂46はアイドル離れした楽曲も多く、白石麻衣がセンターを務めた「私のために 誰かのために」など歌唱力を要する楽曲も多数あります。

関連記事→白石麻衣はrayモデルから飛躍?10代憧れ卒業で3rd写真集も色気炸裂か
関連記事→白石麻衣の前髪の魅力を分析!かわいいと女神感がハンパない
関連記事→【白石麻衣シンメ枠問題】松村沙友理フロント復帰やWセンターを真剣考察
関連記事→乃木坂46バイトルCM 白石麻衣ってやっぱかわいいわ!天才パティシエの評判
関連記事→乃木坂46白石麻衣&松村沙友理のバカップルの友情!感動エピソードも
関連記事→乃木坂46【白西】白石西野の戦友の証!7thバスラでのハグと脱・不仲説
関連記事→乃木坂46【空扉PV】3期生フロントと白石麻衣&梅澤美波の姉妹設定が神!
関連記事→ありがちな恋愛 杉山勝彦の新たな神曲!センター白石飛鳥の歌割りも泣ける
関連記事→白石麻衣 『マジっ子まいやん』のマイーヌ感!松村沙友理が裏監督?w

トップクラスのビジュアルも持ちながら歌に対する向上心も高い白石麻衣が乃木坂46のエースとなったのは、必然的と言えるでしょう。



専門学校で学んだ歌声と歌唱力も乃木坂エースとなった要因

専門学校で歌のレッスンをしていた白石麻衣は、その経験を乃木坂46の活動でも存分に生かしています。

乃木坂46がCDTVに出演した際、齋藤飛鳥が「(白石麻衣は)曲によって歌い方を変えてる」と彼女の歌唱力を称賛していました。この飛鳥ちゃんの発言の通り、白石麻衣は楽曲によって全然違う印象を受けます。

例えば、高山一実とのユニット・WHITE HIGH「渋谷ブルース」ではどこか儚げな歌声が魅力的です。この曲は全曲披露のバスラでは当然毎回披露されていますが、年々歌唱力が上がってきていますね。CD音源では少々たどたどしかった歌声も近年の生歌ではまったくそう感じません。MCで「かずみんとカラオケで練習した」という本人の発言通り、その努力がうかがえます。

他にも自身のソロ曲「オフショアガール」ではアイドルらしいかわいい歌声を披露、秋元真夏とのユニット曲「まあいいか?」ではコミカルなセリフを見事表現。「渋谷ブルース」と「まあいいか?」を歌っているのが同一人物だなんて、乃木坂ファン以外が聴いたらわからないのではないかと思うくらいギャップを感じます。

関連記事→【やれたかも委員会】第1話感想まとめ~月綾子のクールキャラの評判!
関連記事→やれたかも委員会 白石麻衣のメガネ姿の評判!佐藤二朗と共演で演技力UP?
関連記事→乃木坂46【心のモノローグPV】白石麻衣の演技力に圧倒!黒石さん怖すぎw
関連記事→【乃木坂46の双璧】白石橋本以上っている?エースとも違う孤独兄弟の関係

2019年4月クールでは、日本テレビ系の土曜ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に里見萌役で出演する白石麻衣。女優としての演技力も評価されていますが、その演技力も歌唱力に生かされているのかもしれません。「シンクロニシティ」が人気曲となったとも、センターを飾る白石麻衣の表現力あってこそ。改めて、エースとしての貫禄を見せつけられましたね。

白石麻衣は乃木坂のエースでありながら、センター経験は最多ではありません。ですが、新規ファン獲得において白石麻衣の存在は必要不可欠です。それは、かわいいとか美人といったビジュアルだけでなく、様々な面で魅力的だからここまで多くの人を虜に出来るのではないでしょうか。



まとめ

歌唱力に歌声も魅力的な白石麻衣。バイトルやマウスコンピューターのCMなどから乃木坂46の歌声がかわいいことは世間にもだいぶ認知されつつあります。明治エッセル スーパーカップのCMでは、その一節ですら彼女の歌声と歌唱力が見て取れますね。

音楽活動を中心にやっていくのは簡単なことではありませんが、個人的には乃木坂46を卒業したとしても何らかの形で音楽に携わって欲しいと勝手に思っています。

それこそ、白石麻衣作詞の乃木坂楽曲も聴いてみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク