スポンサーリンク
スポンサーリンク

【乃木坂46 25th】白石麻衣センターで聴きたい杉山勝彦表題曲!

スポンサーリンク

白石麻衣の乃木坂46卒業発表から一夜明けました。

まだ気持ちの整理がつかない方も多いでしょう。しかし、卒業発表を受けて多くのファンから感謝の言葉を綴っていることから、白石麻衣が乃木坂46にどれだけ貢献していたのかが改めて感じられるのではないでしょうか。

そんな中、同じく乃木坂46にとって大いなる貢献者であろう作曲家の杉山勝彦氏がまいやんの卒業についてコメントをしました。

白石麻衣ラストとなる25thは、杉山勝彦先生に作曲して欲しいと思っているのは自分だけではないはず。。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

乃木坂46貢献者の白石麻衣と杉山勝彦

白石麻衣の乃木坂46卒業発表を受け、杉山勝彦先生が投稿したツイートです。

杉山勝彦さんは、乃木坂46ファンにはもはや説明不要というくらい大きな存在ですね。「制服のマネキン」や「君の名は希望」、「サヨナラの意味」「きっかけ」など乃木坂46の中でも特に人気の高い楽曲を数多く手がけてきました。特に「君の名は希望」はいわゆる”乃木坂らしさ”を決定づけたグループを象徴するが曲と言っても過言ではないでしょう。

2018年には、齋藤飛鳥とセンターを務めた「ありがちな恋愛」が評判となりました。

関連記事→杉山勝彦が乃木坂46ファンから天才と評価される理由~名曲の一覧も
関連記事→ありがちな恋愛 杉山勝彦の新たな神曲!センター白石飛鳥の歌割りも泣ける
関連記事→もし君がいなければ【乃木坂衛藤ソロ】歌詞と杉山勝彦メロディーが染みる
関連記事→生田絵梨花ソロ曲で聴きたい杉山勝彦曲~佐久間正英も認めた天才同士のタッグ
関連記事→【4番目の光】杉山勝彦曲を起用した乃木坂4期生の活動路線を考える
関連記事→乃木坂46【路面電車の街】転調が魅力の杉山勝彦の名曲?歌詞の郷愁感もよき
関連記事→乃木坂46【時々思い出してください】歌詞のストレートさが泣ける!
関連記事→【僕の思い込み】乃木坂らしさと青春全開の歌詞が響く神曲!PVは?
関連記事→乃木坂46【図書室の君へ】歌詞とバレッタとの関係~センター掛橋の語りも良き

また、杉山勝彦さんと言えば卒業曲も多く手掛けています。坂道だけでなく、AKB48グループでも前田敦子の卒業曲「夢の河」や松井玲奈の卒業センター曲「前のめり」、指原莉乃の卒業曲「いつだってそばにいる」などを作曲しており、実に卒業と縁のある作曲家ともいえるでしょう。

もちろん、乃木坂46においてもそれは例外ではありません。衛藤美彩の卒業曲「もし君がいなければ」や初代キャプテン・桜井玲香の卒業曲「時々思い出してください」も杉山勝彦さんによる楽曲。そして、前途した「サヨナラの意味」は橋本奈々未の卒業センター曲です。

「サヨナラの意味」は「君の名は希望」にも通じる乃木坂らしさ満載の曲調だけに、リリース当初から高く評価されていますね。その評価通り「サヨナラの意味」は乃木坂46の真骨頂だと思います。

25thの白石麻衣卒業センター曲の作曲者が杉山勝彦氏に決まれば、「サヨナラの意味」に続く卒業表題曲になります。実現すれば名曲の予感しかしません。

厳しいコンペで25th表題曲を勝ち取って欲しい

杉山勝彦氏のツイートにもあるように、25thの白石麻衣卒業センター曲の作曲者が杉山勝彦氏になるかは現段階では分かりません。そもそも作曲者は運営側から直接オファーを受けない限りは基本的にプレゼンで決まるものです。それも相当の数から選曲するものと思われます。

よって、表題曲に決まる確率はもはや宝くじで1等を当てるより難しいのかもしれません。あくまで、確率という点から考えるならそうなりますよね。

表題曲に選ばれるべきは、作曲者が誰であろうととにかくいい曲であるべき。

…というのは、百も承知です。ですが、杉山勝彦氏の乃木坂46への貢献度を考えると、25thの白石麻衣卒業センター曲はぜひ杉山勝彦氏の曲であって欲しいです。厳しいプレゼンを勝ち取って頂きたいですね。

何より、杉山勝彦氏なら間違いなく神曲を作ってくれるはず!

それに、白石麻衣も杉山勝彦氏もお互い乃木坂46の貢献者でありながら、白石麻衣センターの杉山勝彦作曲の表題曲はまだ1曲もありません。最後に、この最強タッグを実現して頂きたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク