スポンサーリンク
スポンサーリンク

乃木坂46全ツ2019セトリまとめ!ユニットや齋藤飛鳥活躍の評判は?

スポンサーリンク

2019年7月4日のナゴヤドームよりスタートする乃木坂46全ツ2019。2019年も全ツの季節がやってきましたね!

2019年の全ツは白石麻衣や樋口日奈、伊藤純奈が別仕事のため1部欠席するほか、井上小百合、北川悠理、大園桃子が自身の体調不良で欠席をするという心配なお知らせもあった中で幕を開けた初日。ライブそのものは素晴らしかったですね。

今回もユニットコーナーなどの企画モノもあり非常に楽しい内容となっています。

そんな乃木坂46全ツ2019のセトリを感想や評判とともにまとめていきます。

出典:https://www.nogizaka46shop.com/lp/summertour2019

スポンサーリンク

乃木坂46全ツ2019セトリまとめ

乃木坂46全ツ2019セトリまとめ
※名古屋初日

1.インフルエンサー
2.命は美しい
3.何度目の青空か?
4.太陽ノック
5.ガールズルール
6.夏のFree&Easy
7.裸足でSummer
8.三番目の風
9.4番目の光
10.トキトキメキメキ
11.キスの手裏剣
12.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
13.ここにいる理由
14.不等号
15.失恋お掃除人
16.自由の彼方
17.Dear white rice(白米様)
18.僕のこと、しってる?
19.制服のマネキン
20.シンクロニシティ
21.滑走路
22.日常
23.世界で一番 孤独なLover
24.スカイダイビング
25.おいでシャンプー
26.ジコチューで行こう!
27.Sing Out!

アンコール
28.ひと夏の長さより…
29.ありがちな恋愛
30.乃木坂の詩

以上が、乃木坂46全ツ2019のセトリのまとめです。今回も神セトリですね。

Sing Out!の本編ラストは予想つきましたが、この曲でのクラップはやはり一体感が生まれますね。今後もライブの定番にして欲しいです。

2018年の全ツではメンバー1人が1曲プロデュースする企画・ジコチュープロデュース企画が評判となりましたが、2019年の全ツでもそれに近いコーナーがありました。それがセトリの15~18までの楽曲。

関連記事→乃木坂46全ツ2018セトリまとめ~1人1曲プロデュース企画復活に高まる!
関連記事→【乃木坂46】7thバスラ初日セトリまとめ!白石松村の孤独兄弟の評判
関連記事→【乃木坂46】7thバスラ2日目セトリまとめ!急斜面梅澤美波の謎
関連記事→乃木坂46 7thバスラ3日目セトリまとめ!鈴木絢音センターAgainstは?
関連記事→乃木坂46神宮&秩父宮6thバスラ初日セトリまとめ~全曲披露遂に終止符?
関連記事→乃木坂46神宮&秩父宮6thバスラ2日目セトリまとめ~アンコールで黒石さん発動
関連記事→【乃木坂46】6thバスラ千秋楽セトリまとめ~ぐるぐるカーテンを外した理由は?
関連記事→【乃木坂46バスラ】シンクロニシティライブの問題を考察~7thへの期待も

このゾーンではメンバー1人がフォーカスされ、そのフォーカスされたメンバーが今回の全ツだけのユニットで披露するというコーナ。フォーカスされたメンバーは、「失恋お掃除人」が北野日奈子、「自由の彼方」が堀未央奈、「Dear white rice(白米様)」が生田絵梨花、「僕のこと、しってる?」(新曲)は齋藤飛鳥でした。

ユニット曲はオリメンで観たいという気持ちも正直あったりしますが、ライブでしか見られないメンバー構成での披露は当然貴重です。こういうシャッフルユニット的なのはライブだからこそ出来ることですよね。

ちなみに、「Dear white rice(白米様)」は「白米様」のミュージカルver.みたいな感じです。この発想は、いくちゃんしか出来ないでしょうね。このユニット自体、生田絵梨花・伊藤純奈・久保史緒里・賀喜遥香という歌唱力メンバーを集めたものでしたが、改めて生田絵梨花の真骨頂を見せられた気がします。

他にも、3.4期生で披露した「トキトキメキメキ」&「キスの手裏剣」や会場がブルー1色となった「日常」はめっちゃ一体感ありましたし、とにかく見どころ満載の全ツ初日でした。

齋藤飛鳥センターやドラムの評判は?

出典:https://miima.jp/9833

今回の全ツでもう1つ特筆しておきたいのが齋藤飛鳥の出番や活躍が非常に目立っていたことです。

全ツ初日では自身がセンターを務めている「ハダサマ」や「Sing Out!」「ジコチューで行こう!」の他にもセトリの1曲目を飾った「インフルエンサー」や「命は美しい」、「太陽ノック」「不等号」「制服のマネキン」「シンクロニシティ」「世界で一番 孤独なLover」と多くの楽曲でセンターを担当。さらに、齋藤飛鳥によるドラムパフォーマンスまでありました。

ドラムパフォーマンスは、プロのドラマーさんとコラボという形で披露。結構な尺を使ってましたよね。ですが、ドラムを叩く飛鳥ちゃんはやはりかっこいいです。

飛鳥推しとしては、彼女の出番や活躍が多いのは素直に嬉しいです。ただ、運営のごり押し感は否めません。故に、↑でご紹介したような少々厳しい意見が出たのでしょう。

名古屋は白石麻衣が不在ですので、まいやんセンターのインフルエンサーやセカラバは代役が必要不可欠ではありました。ですが、いろんなメンバーで回すという手段も出来なくはなかったはずですよね。

関連記事→齋藤飛鳥をエースとする運営の戦略は?遅咲き1期生最年少センターの役割
関連記事→齋藤飛鳥 黒髪ロングの髪型卒業の可能性を考察~ショートもかわいい!
関連記事→乃木坂46歴代ポジションまとめ2019【齋藤飛鳥】アンダーからセンターへ
関連記事→乃木坂46キャラバンは眠らないPV 齋藤飛鳥の台詞の意味~世代交代を改めて実感
関連記事→乃木坂46【キャラバンは眠らない】若手もセンター渋滞!歌詞の直球さもよき

推しとして齋藤飛鳥センターを楽しみつつも、ここまで出番が多いと批判が来るのも仕方ないとは思っています。状況を客観視する飛鳥ちゃんですから、自身もそれは覚悟しているのではないかとも感じています。

ただ、体調には気を付けて欲しいですね。ライブ自体3時間と決して短くありませんし、その中でこれだけ出番が多いとなると相当な体力を使い果たすことになるはずです。そこが若干気がかりではありますね。

とは言え、ドラムコーナーの評判はいいですし、改めて齋藤飛鳥の成長を感じられるライブになっているのも事実です。飛鳥推しなら満足できる全ツとなっているでしょう。

まとめ

今回は、乃木坂46全ツ2019のセトリを感想や評判とともにまとめました。

心配な点はありますが、セトリや企画はいいですし、ユニット含め見どころ満載です。一言でまとめるなら、神ライブです。

2019年の全ツもこの勢いで無事に完走して欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク